奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】

奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統の画像1
画像は「getty images」より引用

 いわゆる「自由恋愛」が基本となっている現代社会においては、結婚前に不特定多数の異性との性交渉を経験している人が、男女ともにかなりの比率で存在しているが、「結婚するまで処女&童貞」が基本となっていた古い時代においては、現代の世に住む我々には到底想像もつかないような男女関係が存在していたようだ。

 

「まあ、死ぬまでその相手しか知らないわけだからね、よそと比べられることもないわけだし、あれはあれでよかったんじゃないかな」

 

 かつて東北地方のとある地域に定着していたという、“生涯一穴主義”とも言うべき男女関係についてそう語りはじめたのは、現在は関東地方の長女夫婦宅に身を寄せる形で余生を過ごしている佐藤錦二さん(仮名・87)。佐藤さんの話によると、もともと男女関係において潔癖ともいえる人々が多いという当地においては、その出会いから死別まで、決して揺らぐことのない男女関係が求められていたのだという。

 

「そもそもここいらじゃ、生まれてしばらくすると、同じ年頃の子を持つ親同士が話し合って、将来の結婚相手を決めてしまうんだけれどもね、そうやって組み合わされた男と女は、そのまま他の相手との色恋を経験することなしに、結婚してしまうわけ。しかも死ぬまで浮気だのなんだのということは絶対に許されていないもんだからね、結果として、生涯、その相手しか知らないという人生になるんだよ」

奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで