奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統

奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統の画像2
画像は「getty images」より引用

 そもそも親同士が勝手に結婚相手を決めるだけでなく、その相手とはどんなことがあっても添い遂げないといけないという定めがある時点で、現代の我々からすれば驚くべきことだが、処女・童貞のまま結婚し、伴侶以外の異性との性交渉はおろか、恋愛ごっこでさえも許されないというのだから、さらに驚かされるところだ。

 

「そりゃあね、誰しもほかの人がいいとか、そういうのはあるものだと思うけれども、その相手以外と良い仲になったり、ちょっとした間違いでも起こしてしまったら、それこそ夫婦どころかその家族でさえも袋叩きにあって殺されちまうからね。誰もこの決まりを破ったりはしなかったんだよ」

 

 こうした不可思議な婚姻と、そこから生み出される人間関係をベースとしているせいなのか「離婚率0%」であったという当地の夫婦たち。「ほかに選択肢がないからだ」と言ってしまえばそれまでだが、もしかすると、現代の我々が思うほどには、不便なものに感じられていなかったのかもしれない。

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

文・取材=戸叶和男

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 生まれた瞬間にセックスの相手が決定、もしも守らなければ…! 東北地方に実在した「生涯一穴主義」の伝統のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル