【はやぶさ2】タッチダウンの小惑星「リュウグウ」にはネッシーが住んでいる!? 決定的画像を発見、研究者がコメント、中継に注目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 今月11日午前11時ごろ、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2014年に打ち上げた無人探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」への2度目の着陸に成功し、地中からの試料採取に成功したと発表した。2020年に採取したサンプルを地球に持ち帰る予定で、成功すれば世界初の快挙となる。今後公開されるという、タッチダウンの中継映像にも大いに注目が集まるところだ。

・ はやぶさ2、2度目の着陸成功 小惑星の砂採取(日経新聞)

 さて、はやぶさ2が着陸した小惑星リュウグウには、とある「噂」がささやかれている。その表面にはネッシーに似た巨大な生物が住んでおり、過去にはやぶさ2が撮影した画像にその姿がくっきりと写り込んでいるというのである。

 トカナでは今回の快挙を記念して、過去に掲載した証拠写真とUFO研究家の竹本良氏による解説を再掲する。JAXAがひた隠しにするリュウグウの真実をぜひ知っていただきたい。

(編集部)

はやぶさ2。画像は「Wikipedia」より引用

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

「はやぶさ2」が2018年6月25日に公式ツイッター上に投稿した「リュウグウ」の画像が話題となっている。米・カーネギー研究所の科学者Larry R. Nittler氏が、同画像を分析したところ、驚きの“生物”が写り込んでいることが明らかになったというのだ!

 まずは問題の画像をご覧頂こう。

【はやぶさ2】小惑星「リュウグウ」にはネッシーが乗っている!? 決定的画像を発見、研究者が緊急コメント「JAXAは真実を…」の画像2画像は「Twitter」より引用

 コマ型の小惑星「リュウグウ」。特になんの変哲もないようだが、拡大してみると……。

 なんとネッシー、いや「竜」の首が飛び出ているのだ! 竜宮だけに竜とは恐れいった! これにはNittler氏も驚きを隠し切れない様子だ。

「これは興味深い。リュウグウの北極にはシーモンスターがいるのかもしれません」(Nittler氏)

【はやぶさ2】小惑星「リュウグウ」にはネッシーが乗っている!? 決定的画像を発見、研究者が緊急コメント「JAXAは真実を…」の画像3画像は「Twitter」より引用

 科学者も解釈に困る代物。やはりこれは地球外生命体なのだろうか? そこでトカナ編集部は、UFO研究家の竹本良氏に分析を依頼した。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年7月16日 15:38 | 返信

ネッシーの画像反転して湖面部分を黒く塗って拡大したようにしてあるじゃないですかヤダー

4:匿名 2019年7月12日 05:35 | 返信

そもそも写真の拡大図から形が違うように見えるんだけと…?
あれだよね、インチキ詐欺情報を流して実際のヤバイ情報を隠してるんだよね!そうだよね⁈w

3:匿名 2019年7月12日 00:52 | 返信

隠蔽工作なんかしたら、それこそ噴飯モノリス!!!

2:匿名 2019年7月11日 15:18 | 返信

これはひどいw

1:匿名 2019年7月11日 13:56 | 返信

いったのに、いないよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。