【超・閲覧注意】自傷癖のあるド美女がモンスターに変貌! 鮮血あふれ、骨と肉が露出する傷口がヤバすぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【超・閲覧注意】自傷癖のあるド美女がモンスターに変貌! 鮮血あふれ、骨と肉が露出する傷口がヤバすぎるの画像1画像は、「eFukt.com」より

 若者の自傷行為が増加している。以前トカナでも紹介した通り、英国では現在、16~24歳の若い女性のうち5人に1人が自傷行為や薬物中毒を経験しているという調査結果が報告された。InstagramなどのSNSにおける自傷行為の投稿が、それを目にした若者(10代を含む)に同様もしくは類似の自傷行為を行わせるリスクを孕んでいることも、専門家らによって指摘されている。

 今やネット上には自傷行為の画像や動画が溢れているが、中でも「Coldnessinmyheart」という伝説のブログが存在したことをご存じだろうか? Tumblrで公開されていたブログ自体は既に削除されてしまった。しかし、そこで公開されていた画像は、現在も海外の過激画像サイト「eFukt.com」などに残されている。あまりにも衝撃的な画像であるため、心の準備をしてから閲覧してもらいたい。

 切り刻まれた肉体を写した画像の数々――。メンヘラ少女が思わずリストカットしてしまった、というレベルではない。鋭利な刃物で切り裂かれた腕や太ももの傷口は深く、コッペパンの割れ目と見紛うほどだ。そこから鮮血があふれ、真っ赤な肉が露出している。骨が剥き出しになった画像さえ存在し、もはや自傷というよりも拷問である。バンドエイドなどでふさがれた傷口の周りには、さらに無数の傷跡が残されており、自傷行為が何度も繰り返されてきたことを物語っている。美しい彼女は、自らの肉体を執拗に傷つけることで、おぞましいモンスターへと変わり果ててしまった。

 彼女がなぜ自傷行為を繰り返しているのかは不明である。しかし、彼女を理解する上で、10年間で全身の90%にタトゥーを入れた女性、ミシェル・ディ・ドナートさん(32)の例が参考になるかもしれない。ミシェルさんが初めてタトゥーを入れたのは21歳のとき。当時一緒に生活していた厳格なクリスチャンの夫は、宗教的意味がない限り、妻の身体改造を認めなかったという。ミシェルさんは夫の決めたルールに従っていたが、その夫と離婚後、現在の夫の協力を得て自らの体を芸術作品へと変えていった。彼女は自分が「極端」であると認める一方で、「私は自らの信仰と外見との間に矛盾を感じていません。というのも、神様は私たちを外見で評価なさるわけではないからです」と語る。

 ミシェルさんは、敬虔なクリスチャンでありながら、一般人にはなかなか理解できない信念に基づいて身体改造をくり返してきた。Coldnessinmyheartの女性も、ミシェルさんのように極端な情熱に突き動かされているのかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

8:匿名 2019年7月15日 20:31 | 返信

骨見えてますやん‪w
ここまでくると痛みとか
感じてないよね..
この人誰かに刺されても
もっともっととか言ってきそう

7:匿名 2019年7月14日 03:41 | 返信

麻酔か何かしてるの?痛いでしょ普通

6:さかな 2019年7月14日 00:34 | 返信

死にたいんやったら一気に逝けや。中途半端してゆなやカスが。

5:かおりん 2019年7月14日 00:31 | 返信

自虐?
かまってチャンの究極型やんけw

4:匿名 2019年7月14日 00:18 | 返信

>> 1

そうだね。
普通出血多量で死ぬよね。

3:匿名 2019年7月13日 02:41 | 返信

死にたい……わけではない様子だよねぇ。治療を前提に傷付けているとしか見えないから。

でもこの画像に引き込まれる魅力を感じる人々がいるのだから、世の中は奇々怪界だ。

2:匿名 2019年7月13日 01:11 | 返信

美少女か?

1:匿名 2019年7月12日 23:40 | 返信

こんなに傷つけても結構治るもんなんだね

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?