【閲覧注意】ただのタイヤが突然爆発、人間が吹っ飛ぶ瞬間! 猛烈な爆風とヤバすぎる破壊力=中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】ただのタイヤが突然爆発、人間が吹っ飛ぶ瞬間! 猛烈な爆風とヤバすぎる破壊力=中国の画像1画像は、「Liveleak」より

 タイヤはそれ自体が危険な爆発物となり得る。以前トカナでもお伝えした通り、空気充填中のタイヤが爆発する事故は世界各地で起きている。日本では、タイヤ爆発事故を防止するため、作業員に空気充填特別教育を受講させたり、安全囲いなどの使用を義務付けたりしている。そんなタイヤの破壊力を、海外の動画共有サイト「Liveleak」に公開された監視カメラの映像から再確認してもらいたい。

 中国で撮影された映像には、自動車整備工場の光景が収められていいる。トラックのタイヤに空気を入れた直後だろうか? 作業員がタイヤを持ち上げた次の瞬間、大きな音とともに爆発が起こった。作業員の体が宙を舞って落下したが、自ら上体を起こしたので、一命を取り留めたようだ。辺り一面が煙に覆われる中、近くに立っていた男性が作業員の介抱をするところで映像は途切れている。動画には解説が無いため、タイヤが爆発した原因は不明である。

 タイヤ爆発事故の原因について、米アリゾナ州メディア「azfamily.com」は自動車の専門家による警告を紹介している。米国自動車協会(AAA)のスポークスパーソン、ミシェル・ドナティさんは、夏の暑さがタイヤに負荷をかけると指摘し、「実際、タイヤの爆発による死亡事故が発生したことはあります」と語る。S&Sタイヤ&オートサービスセンターの総支配人、ブラッド・スラグレさんは、タイヤが極端な熱に耐えられるように設計されていないと述べ、「夏は私たちにとって確実に忙しい季節です。放置されたタイヤがたくさん爆発するからです」と注意を喚起する。タイヤの空気圧は高すぎても低すぎても、アスファルトの熱で爆発する可能性があるという。

 2人の専門家の解説からもわかる通り、空気充填後のタイヤも爆発するリスクを孕んでいる。今回紹介した中国のタイヤ爆発事故も、空気圧が適切でなかったことが原因だったのかもしれない。このような爆発を引き起こさないためにも、夏の暑さが本格化する前に、タイヤを専門家に点検してもらうことをお勧めしたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年7月15日 19:53 | 返信

空気を入れないタイヤが普及すればこんな事故も無くなるんだな
早く広まればいいのに

4:匿名 2019年7月15日 09:51 | 返信

そんな一生懸命中国煽んなくたって大丈夫だよ♪
もうすぐウイグル自治区の人たちみたいにニホンジンも犬にしてくれるからさ♪
大丈夫だって♪

3:聖帝 2019年7月15日 04:33 | 返信

サスガですね。中国雑技団!アイヤー!

2:特命 2019年7月15日 01:23 | 返信

通知のタイトルで『支那か南鮮製だろ』と思い開いてみたら案の定だったな

安いからといってあの国々製のモノは使わないこった

1:匿名 2019年7月14日 21:25 | 返信

中国製や韓国製に手を出すと生命に関わる。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?