TVから消えた元売れっ子女優4人!あんなに活躍していたのに現在は姿を消して…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
TVから消えた元売れっ子女優4人!あんなに活躍していたのに現在は姿を消して…の画像1
画像は、「NHKアーカイブス」公式サイトより

 いくら実力や容姿が良くても、芸能界で生き残れるとは限らない。それはかつて脚光を浴びた女優たちも例外ではないだろう。

 たとえば2005年の大ヒットドラマ『花より男子』(TBS系)で、牧野つくし役を演じた女優・井上真央(32)。1999年放送の昼ドラ『キッズ・ウォー ~ざけんなよ~』(TBS系)やNHK連続テレビ小説『おひさま』など、数々の人気ドラマに出演してきた国民的女優だ。2011年には『第62回 NHK紅白歌合戦』で紅組の司会者に抜擢。他にも数多くの功績を収めてきた井上だが、最近はめっきり姿を見かけない。ちょうど彼女が事務所を移籍した頃からメディアへの露出が減ったこともあり、ファンからは「やっぱり事務所移籍と何か関係あるのかな?」「事務所移籍の影響にしろ、このまま引退とかないよね?」と心配の声が上がっている。

 今回はそんな彼女のように、消えた元売れっ子女優を紹介していこう。

 

●本仮屋ユイカ

TVから消えた元売れっ子女優4人!あんなに活躍していたのに現在は姿を消して…の画像2
画像は、「スターダストプロモーション制作3部」オフィシャルサイトより

 まずは、正統派女優・本仮屋ユイカ(31)。本仮屋といえば、『王様のブランチ』(TBS系)でメインMCを担当していたイメージが強いだろう。約3年に渡って“土曜日の朝の顔”を担ってきた彼女だが、その一方ではドラマや映画でも大活躍。2005年のNHK連続テレビ小説『ファイト』でヒロイン役を演じ、2009年3月公開の大ヒット映画『ドロップ』では主人公が想いを寄せる女の子を熱演。2011年には、自身がパーソナリティを務める『本仮屋ユイカ 笑顔のココロエ』(ニッポン放送)がスタートした。

 だが今年に入ってからは、テレビや映画での活躍はほとんど見ない。その代わり2019年2月から始まった松居大悟作・演出の舞台『みみばしる』の主演に抜擢。初主演ながらも大盛況に終わり、ネット上では「ユイカちゃん、舞台女優としての評価上昇中だね」「このまま舞台女優にシフトチェンジするのかな?」と囁かれている。

コメント

1:匿名 2019年7月21日 01:15 | 返信

クソつまんね記事

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。