吉本闇営業騒動でハリセンボン春菜は干される!? 芸能界の重鎮は労働組合設立を全力阻止…

 たむら提唱の労働組合設立についても同じだ。俳優の小栗旬も以前ブチ上げたことがあったが、最近はすっかり鳴りを潜めている。

「吉本が組合を作ったらどうなると思う? 他の大手事務所も追随しなければいけなくなる。そうなったら事務所は儲からなくなるから、組合設立は絶対にさせない。これは〝芸能界の重鎮〟たちの総意でもある。結局、芸能人はアコギな商売。小栗も抗えない壁を感じたから、最近は俳優の組合がきちんとあるハリウッドを目指すようになったんじゃないの!?」(同)

 言うは易し、行うは難し。ことは吉本だけではなく、業界全体に波及する。それを良しとしない芸能界の重鎮がいる以上、改革は絵空事で終わるだろう。

関連記事【インタビュー】40人以上の吉本芸人に抱かれた女!? カラテカ入江が語る「本当にヤバいトラウマエピソード6」

文=只野博

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ