公取委が注意!ジャニーズ事務所が「SMAP封印指令」発動していた! 全メディアに通達した衝撃内容「忌まわしい存在…」

「ジャニーズにとって、SMAPは忌まわしい存在となっていたことは事実でしょう。解散騒動の最中から、ジャニーズ事務所にはSMAPファンからのクレーム電話が殺到。その批判の矛先は主に強権を振るったメリー、ジュリー親子に向けられました。想定外の事態にジャニーズも苛立ちを隠せず、あれだけ事務所に貢献したSMAPも悪しき記憶となってしまった。とにかく一刻でも早く、SMAPは無かったことにしたがっていた」(芸能関係者)

 先月にはSMAP解散後も「木村拓哉のWhat’s UP SMAP!」という名称で続けてきたTOKYO FMのラジオ番組を、「木村拓哉 FLOW」と名前を変えさせたばかり。ジャニーズ派SMAPファンの反発を恐れて、なかなか大っぴらにSMAP色の抹消という決断には至らなかったが、解散から1年半ほど経過したことで、いよいよ満を持して動き出した。

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

公取委が注意!ジャニーズ事務所が「SMAP封印指令」発動していた! 全メディアに通達した衝撃内容「忌まわしい存在…」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで