【閲覧注意】コンゴの猿料理が素晴らしすぎるグロテスク! 腕削ぎ、ドロドロの肉「共食いの気分」!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 

 まったく知らない土地を旅することは、とても楽しい。遠いところではアフリカ大陸まで行ったことがある。近いところならもう色々。キリがない。旅先では、世界中のグルメを味わうこともできる。ということで、旅先で味わった数々の料理の中から、エグいものを紹介することにしよう。アフリカ中央部に位置するコンゴ民主共和国には、<サル料理>がある。これを知ったときは、「なんじゃ、これは!!」と思った。

 コンゴ民主共和国の首都・キンシャサ。赤道から400キロくらいしか離れていないキンシャサの人口は、1000万人を超えていると言われている。「アフリカ」と聞くと、動物や砂漠のイメージを思い浮かべてしまう人もいると思うけど、ライオンやキリンなどといった動物はいない。

 キンシャサから1000キロくらい離れたところにあるイトゥリーの森では、ピグミー族が暮らしている。彼らは、毎日のように<サル料理>を食べていると言われているが、キンシャサには、この料理を出している店がある。聞くところによると、キンシャサでは、<サル料理>は、珍品とされていて、猿自体の値段も高いという。それでも、一般的な家庭では、月に一度は食卓に上るらしい。


 今回、泊まっていた中堅ホテルの従業員の家で、「<サル料理>を作る」というので行ってみた。台所には、市場で殺されたばかりの<生猿>がゴロ〜ン。意外にも大きい。でも、解体の仕方は到ってシンプルだ。

 イノシシでもバラすように包丁で皮を剥ぎながら、肉をブツ切りにしていく。肉は固そうだ。「グロテスクだぁ〜」と思ったのは、腕の肉を包丁で削いでいるときだった。以前、タイの高僧が死んで焼かれ、その肉を修行僧が削いでいる映像を観たことがあるが、それに似たような感じなのだ。ブツ切りにされた肉片は、プチ・トマトやタマネギ、唐辛子などと一緒にパーム・オイルを入れた鍋に放り込んでグツグツと煮込まれる。1時間もすると、朱色に染まった料理ができあがった。

コメント

2:匿名 2019年7月29日 21:21 | 返信

人を喰らう民族も実際に存在するのに、猿を喰らうことぐらいいったいなんだというのだ?
放射能を喰らうことの方がどれだけ不自然なことか。

1:金 正恩 2019年7月29日 18:18 | 返信

犬を喰うバ韓国、イルカやクジラを喰う、ジャップ猿、食文化は国それぞれ。何か悪い?(キリッ)

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。