K-POP勢、今年の紅白出演ゼロか!? 日韓関係悪化でTWICEや“原爆Tシャツ”BTSに大きな影響…

関連キーワード:

,

,

,

K-POP勢、今年の紅白出演ゼロか!? 日韓関係悪化でTWICEや原爆TシャツBTSに大きな影響…の画像1
画像は、防弾少年団(BTS)オフィシャルファンサイトより

 日本政府がフッ化水素の韓国への輸出優遇措置を撤廃したことによ り、日韓関係はまたまた悪化している。これによりK-POPグル ープも大きな影響を受けている。大晦日のNHK紅白歌合戦の出場歌手選定が始まっているが、今年は3年ぶりにK-POP勢が姿を消しそうだ。

 少女時代、KARA、東方神起などのヒットを機に日本でもK-POPが人気となり、その3グループが2011年の紅白出場歌手に名を連ねたが、日韓関係が悪化したことにより、韓国勢の出場はしばらく途絶えた。2017年にTWICEがK-POPとしては6年ぶりの復帰を果たし、翌2018年も連続で出場したのだが…今年の雲行きはかなり怪しい。人気面で考えると出場するならばTWICE、そしてBTS(防弾少年団)しかないのだが、両グループとも大きな問題を抱えている。

 TWICEは、現在起きている政治問題の影響をもろに受けてしまった。韓国内では、日本政府からフッ化水素の輸出優遇措置撤廃という措置を受けたことへの怒りが渦巻いており、K-POPグループに在籍する日本人メンバーまでもが非難を浴びているのだ。

「特にTWICEの日本人メンバー3人が過激なネット民の標的に なっており、『出て行け!』などと書き込まれている。そんな中、 日本人メンバーのミナが極度の心理的な緊張状態と大きな不安を抱えているためワールドツアーへの不参加を発表したものだから、これとの関連性を指摘されている」(音楽関係者)

 一方、3日発売の新曲「Lights/Boy With Luv」を初週で62万枚を売り上げたBTSだが、抱える問題はもっと根深く、とても解消できそうにない。

「日本で大々的に活動するにあたって、大きく足を引っ張っているのが昨年勃発した原爆Tシャツ問題。メンバーの1人が原爆被害を揶揄するTシャツを着ていたことが発覚し大炎上した。テレビ出演は中止になり、内定していた大晦日のNHK紅白歌合戦出場も消滅した」(レコード会社 関係者)

 今年こそは仕切り直しとばかりに日本で大掛かりなプロモーションを行っているのだが、「メディアに対し『原爆Tシャツ問題』に触れることを禁止を通告。一言でも触れるのならば、取材は一切させないという強硬な態度を取っている」(ワイドショー関係者)

 BTSの日本での活動に携わっている関係者一同、昨年の騒動がトラウマになっており、原爆Tシャツ問題を無かったことにしたいのだ。「視聴者からの批判を恐れるNHKは、BTSを紅白に出すつもりはない。またTWICEも今年は無しの方向。K-POPは0になる見込み」(NHK関係者)

 ここ数年、盛り返していたK-POP人気だが、また鎮火してしま いそうだ。

文=鳥中しんじ

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。