「顔がヤバい」「唇が紫色」「ニキビでブツブツ」肌荒れが注目された芸能人4人!

「顔がヤバい」「唇が紫色」「ニキビでブツブツ」肌荒れが注目された芸能人4人!の画像1
画像は、「」オフィシャルサイトより

 テレビに出演する芸能人を見て、ふと気になってしまうのが“肌の状態”。肌荒れを指摘されてしまう人は多く、嵐の松本潤(35)も肌荒れ具合が話題になった過去を持つ。

 松本いえば端正なルックスを武器に10代から活躍しているが、年を重ねていくにつれて肌のクレーターが目立つように。ネット上でも「松潤ってこんなに凹凸あったのね…」「若い頃から化粧してるせいか肌荒れがヒドい」といった声が相次いだ。そんな松本の評価が一転したのは、2018年1月期の連続ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-SEASONⅡ』(TBS系)に出演した頃。松本の肌質が改善されているとの指摘が続出し、松本推しで知られるゴールデンボンバー・歌広場淳(33)もTwitterで、「肌が綺麗になってる! ってことは多少は落ち着いて撮影に臨めてるんだね」とつぶやくほどだった。

 今回は松本のように、肌荒れで注目を集めたことのある芸能人たちをご紹介しよう。

●玉森裕太

「顔がヤバい」「唇が紫色」「ニキビでブツブツ」肌荒れが注目された芸能人4人!の画像2
画像は、「Johnny’s net」より

 まずはKis-My-Ft2の玉森裕太(29)から。玉森の肌状態にファンが反応したのは、2014年4月放送の『世にも奇妙な物語’14 春の特別編』(フジテレビ系)出演時のこと。オムニバスの1編「ニートな彼とキュートな彼女」に登場した玉森の顔は、口周りに肌荒れが目立ち唇も血色が褪せたような色をしていた。

 そんな玉森の姿にファンからは悲鳴が上がり、「顔がヤバい… ストレスで荒れちゃってるのかな?」「肌は荒れてるし唇は紫色だしドラマどころじゃないわ」「せっかくのイケメンなのに目を向けられない」といった声が相次ぐことに。また玉森が前年から「DHC」のイメージキャラクターとしてTVCMに出演していたこともあり、「化粧品メーカーのイメージキャラ務めてるのに大丈夫なの?」「DHCさん、玉森くんに救いの手を差し伸べてあげて…」などの反応も寄せられていた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ