【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生得か環境か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 前回(第10~6位)に引き続き、今回は子供ながらに殺人犯となったケースのワースト5を紹介したい。

・ Top 10 Youngest Murderers of All Time (PPCORN)


第5位 ライオネル・テート(12歳:以下全て犯行当時)

【閲覧注意】とてつもなく残虐な「子ども殺人鬼」ワースト5! アナル電池、肝臓破裂、6歳の銃殺魔も… 凶暴性は生まれつきか環境か?の画像1
画像は「PPCORN」より引用

 被害者はライオネルの母親がベビーシッターをしていた6歳の女の子。ライオネルは当初、「一緒にレスリングをして遊んでいて、ヘッドロックをかけたらテーブルに頭があたって息をしなくなった」と話していたが、女の子は肝臓が破裂するほど何度も踏みつけられていた。

 ライオネルは、アメリカで仮釈放なしの終身刑を下された最年少の犯罪者となった。

 2004年1月の裁判で終身刑は覆され、1年の在宅逮捕と10年間の保護観察処分となった。しかし同年9月、禁じられていた外出中にナイフを持ち歩いていたところを見つかり、再び逮捕された。さらに翌年の5月には強盗の罪で逮捕され、現在も服役中。

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年8月6日 18:41 | 返信

4位のは悪魔みたいな顔だな。 

「人を顔で判断してはいけない」、それは人間の良心だが、実際に悪魔が居ておかしくない。顔にも出る。
※そんな存在でも、人間らしく真面目に生きれば、誰も批判などしない。それがその言葉の意味だ。

1:匿名 2019年8月1日 02:55 | 返信

順位がどうも納得出来ない

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?