白人エリート小児性愛者御用達「ロリコン島」の所有者エプスタイン、遂に起訴される! 少女強姦、ヌード写真、超有名セレブが参加…トランプとも交流!

 2019年7月6日、エプスタインは、パリから米国に戻ったところを空港で、性的人身売買と陰謀の罪で逮捕された。検察官らは、エプスタインを刑務所送りにし、彼のマンハッタンの豪邸を差し押さえる機会を何年も虎視眈々と狙っていたのだ。

白人エリート小児性愛者御用達「ロリコン島」の所有者エプスタイン、遂に起訴される! 少女強姦、ヌード写真、超有名セレブが参加…トランプとも交流!の画像2
被害者の1人コートニー・ワイルド(左)。エプスタインが彼女をレイプし時、彼女はまだ14歳の中学生だった。 (右)ミッシェル・リカータ(当時16歳) 「Daily Mail」の記事より

 そして捜査は、トランプ政権にも飛び火している。7月初め、トランプ大統領の腹心のアコスタ労働長官が、辞任を余儀なくされた。辞任の真の理由だが、アコスタ長官はフロリダ州の検事時代に、エプスタイン事件の主任検察官であり、「手心」を加えた張本人だったのだ。

 

■エプスタインの「超有名な友人」が判明する日は近い?

 エプスタインが空港で逮捕されたのと同時に、FBI捜査官はエプスタインのマンハッタンの豪邸のドアをバールでこじ開け家宅捜索をした。

 そこには、「少女の写真ヌード」、特定の若い女性の名前など、手書きラベルの付いたCD-ROMに多くの証拠となる写真があったという。またエプスタインは、彼の豪奢な邸宅にあるゲスト用寝室に隠しカメラを仕込み、VIPのために行われた乱交パーティーの撮影もしていた。

 この事件の登場人物は、誰もが知る有名政治家やセレブリティで、この事件は米国史上最大のスキャンダルになる可能性があり、その幕は開かれた。

白人エリート小児性愛者御用達「ロリコン島」の所有者エプスタイン、遂に起訴される! 少女強姦、ヌード写真、超有名セレブが参加…トランプとも交流!の画像3
エプスタインの小児性愛サークルで使われた「ロリータ・エクスプレス」。クリントンは26回搭乗した記録がある 「Sott.net」の記事より


 今回、エプスタインを起訴したニューヨーク州連邦検事局はやり手で知られ、勝率は90パーセント以上を誇る。

 そして、元FBI長官のジェームズ・コミーの娘モーリン・コミーが、この事件の検察官の一人であることも非常に興味深く、注目に値する。

 そしてなぜ、検察が大統領選も近いこの時期に、再びエプスタイン事件を追及することになったのかも興味深い。もちろん一番の目的は、エプスタインの息の根を止めることではあるだろう。もしエプスタインが、彼に対するすべての容疑で有罪判決を受けた場合、彼は残りの人生を刑務所で過ごすことになると言われている。

 また検察は、エプスタインを彼の「超有名な友人たち」のしっぽをつかむために利用しようとしている可能性もある。

白人エリート小児性愛者御用達「ロリコン島」の所有者エプスタイン、遂に起訴される! 少女強姦、ヌード写真、超有名セレブが参加…トランプとも交流!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで