【緊急】大麻とセックス、キメセクについて徹底座談会! ~大麻はレイプドラッグや媚薬になるか?~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10
関連キーワード:

,

,

,

,

画像は「Getty Images」より引用


高樹
 1992年に発見されたアナンダミドという脳内物質があるんですね。

石丸 脳内物質ということは、人間の脳内で自然に発生している分泌物ということですね。

高樹 そうです。「アナンダ」はサンスクリット語で「内面の平和と幸福を持つもの」という意味で、大麻の成分と似た性質を持っているようなんです。男女間で使えば、手をつなぐだけでも、ものすごく幸福感を得られるのかもしれない。

石丸 へえ。手をつないだだけで!

寄り目 女が男を襲うことだってあり得ますけど、大麻は、アルコールのようなレイプドラッグとは遠い存在だと思います。

高樹 ただ一方で、いまの日本は大麻は違法なので――「一緒に吸っていたことを黙っていてほしかったら俺とセックスをしろ」と脅迫的なレイプに使われるとか…そんな使い方をされてしまうリスクがあるのは、間違いないと思うんです。

石丸 こわいですね。

寄り目 大麻は本質的にはレイプドラッグではなく、セックスの後、「抱かれてよかった」「抱いてくれてよかった」という気分にさせてくれるものだと思います。

ミドリ 性感が増すというよりも、皮膚などの感覚が敏感になる。高樹さんがさっき言ってたように手をつないだだけで幸せな気持ちになりますが、さらにセックスに多幸感を感じることができます。

高樹 私は不妊の方やセックスレスになってしまったカップルや中高年のセックスレス夫婦が使えるようになったらいいんじゃないとか思うけど。

石丸 ラブドラッグとレイプドラッグでは、ずいぶん違いがありますね。日本は世界一のセックスレス大国で少子化が進んでいますが、もしかしたら、大麻が少子化の解決策のひとつになるかもしれません。

高樹 まず日本で大切なのは真実を開示し、一日も早く医療での使用を認めること。そして大麻がどんなモノかわかっていて、他者に迷惑をかけず個人使用することを非犯罪化する事なんですよ!

 

■プロフィール

◎ミドリ

1970年代生まれの人妻。その日暮らし。だいぶ大人になるまで酒タバコ以外のドラッグを知らずに過ごすが、夫との海外旅行で大麻のすばらしさに気づく。合法国に移住して毎日好きなだけ吸うことをとりあえずの目標に生きている。こうした対話に登場するには今回が初。たくさんのことはしゃべれませんでしたが、考えていることが少しでも伝わるといいと思います。

◎寄り目

親の転勤により東南アジアで育つ。高校は日本とアメリカホームステイの半々。大麻初体験。今年見つかった大腸ガンのために医者から大麻を処方してもらうべく公の場に立って声をあげて医療大麻の合法化を期待している。経験値は、大麻、コカイン、LSD、MDMA、覚せい剤。

座右の銘は、「自分で巻いたジョイントが一番旨い。」

◎高樹沙耶(たかぎ・さや)

1963年8月21日、静岡県生まれ。元女優、元作詞家、石垣島のキャンピングロッジ「虹の豆」オーナー。1983年に主演映画『沙耶のいる透視図』で女優デビュー、映画&ドラマシリーズ『相棒』ほか、数多くの作品に出演、人気を呼ぶ。著書に『贅沢な暮らし—衣食住が育む「心のラグジュアリー」』(エクスナレッジ)、『ホーリープラント聖なる暮らし』(明窓出版)ほか

Twitter: @ikuemiroku

文=石丸元章

◎石丸元章(いしまる・げんしょう)

1965年8月9日、千葉県生まれ。作家、ライター。高校在学中にライターデビュー、人面犬ブームの仕掛け人。著書に『スピード』『アフター・スピード 留置場→拘置所→裁判所』『平壌ハイ』『神風』(すべて、文春文庫)など多数。近作に『聖パウラ』(東京キララ社「ヴァイナル文學選書 第一弾」)

Twitter: @chemical999

関連キーワード

コメント

10:匿名 2019年8月27日 03:26 | 返信

てかこの人とこのネタの対談でいつまで引っ張るの?合法になったところで手を出したいとも思わんし、違法の国で話したところで前科者の中毒者の語り場でしかないこの記事必要なんか?コメントも変なのわくし。コメントに限ってはどの記事もわくけどw

9:匿名 2019年8月11日 07:46 | 返信

少しは冷静になってシロウト的に考えてほしい。医者(本当は知識のないただのクズ)の意見なんてオール無視してもらってけっこうだ。
あんたらが日々飲んでいるものは違法薬物とほとんど同等のものだ。
とするとどうなる?それを飲めばどうなる?
そもそもが違法薬物を使っている人間ですらが毎日ヤクを決めてはいないだろうし、日を空けねば効かなくなることを経験などで知ってるだろうし、毎日使えば体調も崩すだろうしな、
ところが患者はどうなる?毎日朝昼晩と定期的にクスリを飲み、しかもそれは違法薬物とほぼ同等のもので、夜眠れぬ患者は睡眠ヤクも飲み、重症の患者は頓服ヤクまで飲む。
それはつまりどうなるのか?をイメージできなければ生き残るさえできない。
ロンパリ女優やピエール瀧ですら毎日ヤクを決めてはおらんだろう。そんなんやったら間違いなく死ぬわ。
毎月都内の病院では不審な死があいついでいるそうだが、そいつらは間違いなく白衣の人間が出してるクスリを多量に飲んでるだろう。
あんたらは“違法薬物を使ってる人間よりもはるかに死に近づいているんだよ”、いいかげんに気がついてほしいわ。
そろそろ法律も改正して舐めた医者は逮捕できるようにしてほしいわ。まあ100%無理だろうけどな。

8:7ですよー(笑) 2019年8月10日 12:38 | 返信

百歩譲って、中には生活保護や福祉サービスが絶対必要な患者がいることは事実です。100%全員が治るなんて私も思いませんからね。
したがって生涯もらうことになる患者が出てくることはいたしかたないのかもしれませんが、私が言いたいのはそこではなく“病院や医師とは基本詐欺師であり、あなたの飲んでる薬はただの毒薬であり、体や心をよくしたりするものではないからやめたほうがいいよ”と言いたいだけなのです。
薬をやめる上で人によっては年金や生活保護がじゃまになるからそれもやめたほうがいいと言ってるに過ぎないのです。(金欲しさに薬をやめようとしない人間が多いことを知っている、せっかくやめたのに勝手に再開する者もいる)
患者さんは全般的に認識や危機感が欠如しているというか自分がどういう状況に陥ってるかわかっていないと思うのですよね。
以前に本当にあった話をするならある患者さんに「その医薬品が危険なのはよくわかった。しかし、その薬がなくなったら私の病状(おもに精神疾患)はどうするのだ?」と。←でもこういう患者さんが一番わかってないw
何がわかってないって?自分がカモにされてる認識がまったくないw
カルト宗教に例えるなら「私の入っている宗教がオウムのような非常に危険なカルトであることはよくわかった。しかし、この宗教をやめるなら私の人生はどうなる?やめたあと私はこの宗教なしにやっていけるのか?その後の保証をしてくれるのか?」と言ってることまったく同じなんですよ?危険な宗教だとわかったならば本来は“やめる”の一卓のみですよね?wなぜ他の選択肢があるのかわかりかねますぅーwww
そもそもが元(病院、医師、製薬会社、その他)が詐欺だとあれだけネットや書籍で騒がれ叩かれて、嘘つきの代名詞だった雑誌さえも医薬品や製薬会社叩きに没頭するような時代にそれでも医薬品を飲みたいヤツがいるなら、そいつはそうとう重度の依存性であると同時に相当なバカであると言われてもしかたないですよね?w
試しにネットで検索したり本屋やアマゾンなどでその手の書籍をお読みになられてはいかがでしょうか?wまあ患者とは往々にして自分にとって都合の悪い情報は見たり聞いたりしませんがw最近は政府による検疫がかなり厳しいので検索しても引っ掛かりづらくなっているので調べるならなるべくお早めにしたほうが身のためですよ?wwいずれは検索してもまったく引っ掛からなくなるでしょうからww
なお薬をやめる際は一気にやめることだけはお止めになられた方が賢明です。その薬は医薬品ではなく“違法薬物と同等”なため一気にやめると問題を起こしたり暴力事件や飛び降り自殺をはかる人もいるそうです。
したがって止められる際は断薬に理解のある医師の門を叩くか、もしくはその手の専門家を探すか(ネットサーフィンすれば必ず見つかる)、それも面倒臭さく金ももったいないなら“自分で専門書籍をお買い上げの上、自己責任の上でお止めになられてはください”。
最近、重度の患者数人ぐらいに詰め寄られて質問責めにされたので面倒臭いのでここに書いておきますねwww読んでないとは思うけどーww

7:匿名 2019年8月4日 22:07 | 返信

日本には大きくわけて三種類のドラッグが蔓延っていると思う。
一つ目は違法ドラッグ
二つ目は合法ドラッグ
三つ目は向精神薬

順番に説明しよう。
一つ目は一般的な麻薬として知られているもの。覚醒剤であったり大麻であったりヘロインやコカインの類い。そういう違法なドラッグ。
二つ目は合法的なドラッグ。いわゆる脱法ハーブのようなもの。その他まだ法律で規制されていないドラッグの類いのもの。大麻はいずれは一番目からこの二番目のドラッグに移行されるとの噂がある。医療大麻はその布石だと思う。大麻安全との印象を植え付けるために。ロンパリ女優はおそらく今なお使っているのだろうけど広告塔として泳がされている可能性がある。
三つ目は向精神薬。
えっ?向精神薬は医薬品ではないのか?と思われる方いると思いますが向精神薬はれっきとした麻薬です。あのWHOも麻薬として指定しています。向精神薬が麻薬でないと言うのならWHOにケンカを売ってることになります。
一番目と二番目はまだわかるが三番目は違うと思われる方々がけっこういますが、ヤクザの手から渡されるか白衣を着た人間から渡されるかだけの違いで“中身はほぼ同等です”。科学的な構造もまったく一緒です。
ここが盲点中の盲点だと思うのです。
一番目と二番目はテレビやラジオや新聞などで報じられていますが、三番目は巨大な利権団体である製薬会社がバックにスポンサーとしてついているため報じらることはありません。テレビ業界の上層部や政治家や医療業界の上層部たちも多額のカネを握らされているため黙るしかない現状にあるのです。
ゲームが好きな人なら何か思い出しませんか?そうバイオハザードのアンブレラ社!ゾンビウイルスを作っているか違法薬物を作っているかだけの違いでだいたい組織の中身は似たような構造になっているのです。カネや権力で黙らせるという構造も似ています。
その結果どうなるかというと、向精神薬で頭がパーになる患者やむしろ病状が悪化してしまう患者などそんなのが町に溢れかえっています。
でも患者が気づくことなどありません。なぜから医師から「それはあなたの精神病が悪化したからです」と巧妙な嘘に騙されてしまうからです。本当は向精神薬でパーになってるだけなのに病気が悪化していると騙されているのです。
その結果暴力事件を起こしたりとか、高いビルから飛び降りたりとかそんな患者ばかりであふれています。
でも患者も患者で騙されているだけでなく“年金や生活保護といったカネを握らされているため実際には医療利権団体に一枚噛んでる”状態なのです。逆らうと年金や生活保護が止められるという恐怖に打ち勝つことができません。
したがってその向精神薬をやめる際は知識のみならず、その“カネ”も止めないと正確に薬をやめるなど夢のまた夢ですね。こういう話を患者にすると煙たがられて嫌われるか、逆ギレされますw

6:匿名 2019年8月4日 21:30 | 返信

コメ欄に一人ガチ基地のジャンキーが混ざってるなww

食品添加物と麻薬の毒性をいっしょにするな!!www

同じ毒でも強さが違うだろうが!

5:匿名 2019年7月31日 19:27 | 返信

クソみたいなコメばっかだな。やったコトも無い癖にガチガチの固定観念で上からモノ言ってるバカ揃い。こーゆー連中に限ってコンビニの添加物、防腐剤タップリの弁当、マ〇ドナルドの高脂肪高カロリー食品で喜んで喰ってる。長生きしても大して役に立たねえ、(今もだろうけど)人種なんだから、真っ当染みたクダラないコメ書かねえでもうちょっと議論を深める内容になんねーかな。あーゆー食品もクスリと同じ中毒性があるってコトは情弱ゆえ知らないらしいwww

4:匿名 2019年7月31日 18:20 | 返信

さわられると快感www
この記事読む限り
目的は医療用じゃないよな(笑)

3:聖帝 2019年7月31日 06:20 | 返信

薬物依存者が何を得意気にほざいてんだ?ポン中もそうだけど薬物依存者って自分の好きな薬物の話になると、よく喋るよな!目もロンパってル死(笑)自分が終わってる事に全く気付かない。むしろ、安全だとかほざいて、それを広めるのが自分の使命だとか思っちゃってんだろ!バカのお手本ですな!

2:匿名 2019年7月30日 16:47 | 返信

犯罪者はもう出てこなくていいよ

1:匿名 2019年7月30日 16:15 | 返信

相棒出てたころはこんな人でなかったのにいったい何があった?
大麻により脳細胞が徹底的に破壊され狂ってしまったか?
よく麻薬は一度でも使うとアウトというのは、依存性がどうたらよりも“脳の配線を無理矢理クスリで変えるためもう二度と元の状態には戻らない”ということ。
目はロンパってるし、クスリサイコーみたいな感じになってる。もう元には戻らんな。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。