加藤浩次が吉本を辞めたら”それに続く”可能性がある芸人8組!「影響力は大。主流東京勢の多数が退社するだろう」

関連キーワード:

,

,

,

,

加藤浩次が吉本を辞めたらそれに続く可能性がある芸人8組!「影響力は大。主流東京勢の多数が退社するだろう」の画像1
画像は、YouTubeより

 吉本興行の内紛が止まらない。

 20日に東京・南青山行われた宮迫博之さんと田村亮さんの反社会的勢力との“闇営業”の謝罪会見を受けて、22日午後東京・新宿の吉本興行本社で行われた吉本興行岡本社長が会見を行ったが、宮迫博之さんと田村亮さんとの会見内容の相違点などが浮き彫りとなった会見だった。

 この会見を受けて、吉本興行所属の芸人からは非難の声が上がっている。

 その中でも一番影響力を持つと言われるのが、「極楽とんぼ」の加藤浩次さんだ。

 彼は自身がMCを勤める朝の情報番組で、22日に行われた岡本社長の会見が、自身が田村亮さんから聞いた内容と違う、虚偽があると言い放ち

「上層部が変わらないと吉本興行を退社する」と言明した。

 この発言に同調したのは、吉本興行所属で人気芸人「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんだ。彼は自身のツイッターで「僕は北海道の人間です。何かあった時は北海道の人について行きます」と呟いた。

 では、加藤浩次さんが吉本興行を離れた時には一体どうなるのか。

「加藤さんは極楽とんぼの山本圭一さんとコンビ愛が強いことで知られていますが、後輩との絆が深いことでも知られていて、山本軍団を作っています。このメンバーにはナインティナインやロンドンブーツ1号2号、ココリコ、品川庄司、ペナルティ、平成ノブシコブシ、尼神インター特に渚などがいます。他の会社の芸人も数多く参加していて、彼らはたびたび集まって野球やBBQをするなど結束力が高いことで知られています。また、一部芸人を除けば吉本興業の反主流派と言われるメンバーが多く在籍し、その大部分が吉本興行の東京のメンバーです。今、吉本興業の本社で大崎会長と加藤浩次さんの直接対談が行われていますが、上層部の引退というのは大げさでしょうが、何かしらの変化が無い限り吉本興業は先に挙げたメンバーの他、オリエンタルラジオなどの東京勢が多く抜けると言われています」(スポーツ紙記者)

 ちなみに、極楽とんぼの山本圭一さんは、よく知られる事件で吉本から処分を受けていたが、1994年に東京・銀座に作られた吉本興行の銀座7丁目劇場の最古参で、東京の吉本興業の地盤を作った第一人者と言われている。

 では、それに対し吉本興行側は手を打っているのか。

 トカナが掴んだ情報では、既に吉本興行を解雇された入江慎也さんに謝罪会見をさせて、事態を収束し、フライデーの第二の矢の原因を作ったモノマネ芸人のバンドー太郎さんに責任を押し付けて終息させようという考えだという。

 そのバンドー太郎さんは、自身のFacebookで芸人を辞める考えを示している。詳細については今後報じる予定だ。

文=田中聡

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ