元SMAP3人の「テレビ復帰」は実現しない!? 公取“ジャニーズ注意”圧力疑惑でも実現しない民放復帰の壁とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

元SMAP3人の「テレビ復帰」は実現しない!?  公取ジャニーズ注意圧力疑惑でも実現しない民放復帰の壁とは!?の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 公正取引委員会は、ジャニーズ事務所が民放テレビ局に対し「新しい地図」の元SMAPの3人を出演させないように圧力を掛けた疑惑があり、将来的に独占禁止法に違反する恐れがあるとして、注意した。いよいよ香取慎吾、草彅剛、稲垣吾郎の3人の民放キー局全面解禁かと思いきや、思い通りに事は進まないだろう。なぜなら3人の所属事務所CULEN社長の飯島三智氏はジャニーズ事務所在籍時代、テレビ局内に数多くの敵を作ってしまったからだ。

 テレビ局関係者が苦笑交じりに明かした。「元スマップ3人がテレビに出られないのは、ジャニーズの影響力があったことは間違いない。 ただ飯島さんも、ジャニーズでSMAPのチーフマネジャーとして辣腕を振るっていた時は、同じようなことをしていたはずですが… 」

 ジャニー喜多川さんが亡くなった直後、追悼ムードもどこへやら、ジャニーズ事務所を揺るがす大問題が発覚した。今年に入って、公取委から注意を受けていたことが発覚したのだ。確かに香取ら3人 はジャニーズ事務所退所後、次々とレギュラー番組が打ち切りとなり、地上波でお目に掛かることは滅多に無くなった。

「3人は主にインターネット放送や映画、イベントなどで今も活躍しています。ただ、飯島さんの悲願はキー局復帰、そしてレギュラー番組の再獲得です。4月に香取がTBSの『人生最高レストラン』に出演し、久しぶりのキー局となりましたが、これは、飯島さんが番組スポンサーのサントリーにねじ込んだから実現したものです」(前出関係者)

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年7月24日 10:41 | 返信

大きな事務所所属で逮捕後も簡単にテレビ復帰できた昔と
今のコンプライアンスの違いが気になります

1:匿名 2019年7月24日 09:50 | 返信

敵もいたけど味方も多くいた。
その味方をTV局から一掃したのはあの事務所らしい、
I派VSジ派。
SMAPがいた頃から、あの事務所が意地悪をしていた側面もある。
タレントはそんなことは無関係、是非出してほしい。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。