「寝つきが悪い時は就寝前オナニーで改善する」ドイツ大手保険会社がFacebookに投稿! シェアされまくり「自然と眠くなる」

「寝つきが悪い時は就寝前オナニーで改善する」ドイツ大手保険会社がFacebookに投稿! シェアされまくり「自然と眠くなる」の画像1
画像は「Getty Images」より引用

 夏の暑い夜が続く中、寝つきの悪さに悩んでいるという人も多いだろう。歴史的な酷暑が続くヨーロッパでは、ドイツの大手保険会社による“寝つきをよくするアドバイス”が話題になっている。英「Daily Mail」が7月29日付で報じている。

‘Masturbation helps you sleep’: Self-help claim by German health insurer goes viral (Daily Mail)

『マスターベーションは眠りにつく手助けになります。もし眠れないのならば、手や大人のおもちゃを使ってみましょう。自然と眠くなるはずです』

Masturbation hilft beim Einschlafen. 😴 Wenn du mal wieder nicht schlafen kannst, dann leg einfach mal selbst Hand an oder hol dir ein Spielzeug dazu, dann kommt der Schlaf ganz von alleine.

BARMERさんの投稿 2019年7月25日木曜日

 7月25日、こんなアドバイスが大人のおもちゃを持った女性の手の画像付きでFacebookに投稿された。この投稿はたちまち注目を浴び、7月30日時点でシェア5000件を超える大きな話題となっている。それというのも、投稿主がドイツ第2位の保険会社「Barmer」であったからだ。

 現地ニュースメディア「Spiegel」もこの投稿を取り上げている。Barmer社広報のDaniel Freudenreich氏は取材に対し、この投稿がいたずらや乗っ取りによるものではないことを明言し、「大多数の人に関係があることでも、秘密にされているトピックがしばしばあります」とその意義を話した。そして、保険は効かないが多くの人に役立つ健康のヒントをSNSで提供しているとアピールした。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ