【速報閲覧注意】男の胴体に女の首を縫い付け、10トンの頭部や脚、大量ペニス、米軍の実験…FBIが卒倒した「フランケンシュタイン事件」詳細が判明!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

(注意)本記事には過激な表現が含まれています。

【速報閲覧注意】男の胴体に女の首を縫い付け、10トンの頭部や脚、大量ペニス、米軍の実験…FBIが卒倒した「フランケンシュタイン事件」詳細が判明!の画像1
画像は「CNN」より引用

 アメリカには、献体された死体を引き取り、研究機関に転売する“人体ブローカー”が存在する。移植用の人体組織は政府によって管理されているが、人体ブローカーは規制されていない非移植用の人体組織を取り扱う。

 ただ、死体は“科学的な用途”に使われるため、人体ブローカーに遺体を提供する人は少なくないという。しかし、そうした人々の善意を裏切る行為が2014年に起こった。アリゾナ州の人体ブローカー「Biological Resource Center(BRC)」が、ドナーや遺族の同意なしに、引き取った遺体を軍の爆破実験に提供していたことが明らかになったのだ。同社のオーナーであるスティーブン・ゴアは有罪。2015年に4年間の保護観察処分になった。

【速報閲覧注意】男の胴体に女の首を縫い付け、10トンの頭部や脚、大量ペニス、米軍の実験…FBIが卒倒した「フランケンシュタイン事件」詳細が判明!の画像2
画像は「IFL SCIENCE」より引用

 当時、FBIが家宅捜索する様子が全米で報じられたが、この度、元FBI捜査官らが、その詳細を暴露し、当時の凄惨な状況が明らかになった。

・「Arizona company piled up bodies and dismembered limbs instead of using them for research, lawsuit says」(CNN)

 米「CNN」(7月28日付)によると、元FBI捜査官のマーク・クウィナー氏は、家宅捜索に入ったBRCの建物の中で、バケツいっぱいの人間の首、腕、脚、冷蔵庫に詰め込まれた大量のペニスなど、トラウマものの光景を目にしたという。同じく家宅捜索を行ったマシュー・パーカー氏は、PTSDを発症し、FBIを辞職したそうだ。

コメント

2:匿名 2019年8月9日 08:10 | 返信

爆破実験だって科学的研究ではある
遺族の心境としては怒りや後悔、裏切られ感があるのも分かる

キリスト教徒ってもっとドライなのかと思った

1:聖帝 2019年8月1日 05:11 | 返信

こいつは来世は悲惨な人生確定!だがその前に地獄に流します❗️

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。