奇習! 不倫や乱交SEXし放題のガチ秘湯が実在した! 東海地方“とある温泉地帯”のヤバすぎる実態を暴露

【日本奇習紀行シリーズ 東海地方】

奇習! 不倫や乱交SEXし放題のガチ秘湯が実在した! 東海地方とある温泉地帯のヤバすぎる実態を暴露の画像1
画像は「getty images」より引用

 温泉ブームに端を発する形で、一時期、一部の温泉愛好家たちの間で巻き起こった“秘湯ブーム”。地元の人々でさえも滅多に行かぬような山深い場所にあったり、湯量が季節や天候によって大きく変化するなど、その“秘”なる要素は実に様々だが、そうした“秘湯”のなかには、いわゆる“秘湯”とはまた違った意味を持つものも少なからず存在しているようだ。

 

「ご存じだろうけれども、ここいらは昔から温泉だらけでね、それこそ、普通の井戸を掘ろうとしたのに温泉が出てきただなんていう話は、珍しくないんだよ」

 

 窓から見える温泉の鉄塔を眺めながらそう語るのは、東海地方随一の温泉地帯として知られる“某半島”の西端近くに位置する小さな集落で暮らす土屋良蔵さん(仮名・80)。当地で生まれ育ち、現在も細々と漁業を続けているという土屋さんは、その昔、多くの人々で「こっそりと賑わっていた」という、当地の“秘湯”を知る貴重な古老の1人だ。

 

「……そんなわけで、このあたりじゃ昔から、それぞれの家に温泉を引いているのだけれども、それでも家の風呂以外に行く人はいてね。そうだな、あそこに山があるでしょ。あのちょっと右くらいに、昔から温泉が勝手に湧いてるところがあってさ。そこへね、お忍びで入りにいく人は多かったね」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ