奇習! 富裕層の“性玩具”として養育された少女たちの悲劇! “強制ベジタリアン化”で小便や汗をイイ匂いに… 衝撃の実態!=西日本

奇習! 富裕層の性玩具として養育された少女たちの悲劇! 強制ベジタリアン化で小便や汗をイイ匂いに… 衝撃の実態!=西日本の画像2
画像は「getty images」より引用

 いわゆる“遊び”の限りを尽くした富裕層の男性たちの多くが、不遇な状況にある幼い女児たちをもらい受け、それを子供の頃から“自分なりのルール”に基づいてコッソリと養育し、長じて“自分のためだけの性玩具”にするという、なんとも非人道的な行為が横行していたという当地。そんな蛮行を行っていたという当地の男性たちの間では、彼女たちの成長に必要な肉や魚を与えず、野菜や果物だけを与え続けて育てるという、“強制ベジタリアン化”ともいうべき行為が大流行していたのだという。

 

「私はやったことないからわかりゃしないけどね、野菜や果物だけで育てた女っていうのは、小便や汗でさえも、良い匂いがするっていうんだ。しかもなかなか大人の女みたいな体つきにならずに、いくつになっても華奢で、子供のような風体をしているもんだからね、“そういうこと”が好きな旦那衆にとっては、たまらなかったんじゃないかな」

 

 本来であれば子供の成長に必要な栄養分を満足に与えず、あえてアンバランスすぎる食生活を送らせ、挙げ句には闇に包まれた土蔵の奥深くで養育することで、極めて不健康な状態にされていたという彼女たち。しかしそうした生活の末に達した“アンバランスな肉体”を、当地の富裕層男性たちはこよなく愛していたのだという。

 

「世の中にはいろんな意味で業の深い人間っていうのはいるけれども、私の知る限り、ああいう連中(※そうした行為を行っていた当地の富裕層)ほど業も罪も深いやつはいないだろうな。なにせ、そうやって育てた子らが病気になったって、医者に診てもらうことさえしなかったぐらいなんだから」

 

 そもそもで“秘せる存在”であったという、当地における悲劇の少女たち。その短い生涯と、その間に味わったであろう苦難や苦痛に想いを馳せると、なんとも暗澹たる気持ちにさせられるのが事実である。

●戸叶和男の記事一覧はコチラ

文・取材=戸叶和男

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇習! 富裕層の“性玩具”として養育された少女たちの悲劇! “強制ベジタリアン化”で小便や汗をイイ匂いに… 衝撃の実態!=西日本のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで