時間に方向が存在しないことを証明する「時間のC理論」がヤバい! 全ての科学は間違いの可能性、時は未来から過去にも流れる!?

 マクタガートはC系列を“時間ではない”と断じたが、なぜファー氏は“まやかしの時間”であるC系列を支持するのか。それは、科学的な時間観と合致しているからだという。

「基本的な物理学理論は時間対称的だ。古典物理学、量子力学、相対性理論は時間反転不変性(時間の流れと逆転した世界でも元の世界と変わらないこと)を持つように、物理学においては、正の向きで起こったプロセスが負の向きでも起こると記述される。こうした記述においてプロセスは反転可能である」(ファー氏)

 ただし、実際のところ物理学者は、過去から未来へと流れる時間の向きを好んで使っているという。

時間に方向が存在しないことを証明する「時間のC理論」がヤバい! 全ての科学は間違いの可能性、時は未来から過去にも流れる!?の画像3
画像は「getty images」より引用

 代表的なのは宇宙の記述についてだ。宇宙は137億年前から未来へ向かって膨張していると考えられているし、物質はブラックホールに吸い込まれ崩壊するとされているし、エントロピーは時間とともに増大し、減少することはないとされる。物理学者であっても、宇宙を過去から未来へ一方向に進むものだとするのが当たり前だと考えているのだ。

 物理学理論は時間の向きを必要としない。しかし、人間は時間を一方向的に考える習慣に馴染み切ってしまっている。ファー氏によると、この捻じれた状況を打開するのにC理論は適しているという。どういうことだろうか?

 まず、世界のあらゆる過程が、“本当は”反転していると考えてみよう。“本当は”明日は今日より前に来ているし、高速道路上の車は逆向きに走っている。そして、“本当は”私たちは“私たちの信念に反して”日々若返っている。このように、“本当は”世界は逆向きの過程を辿っていると聞かされた時、私たちはどのような反応をするだろうか? ファー氏は「だから何?」という反応が返ってくるだろうと言う。

 たとえば、筋肉が衰え、髪の毛が白くなり、皺が増えるといった老化を示すあらゆる“誤った”証拠を前にして、「世界は逆向きの過程を辿っていますから、“本当は”あなたは若返っているのです(信じられないでしょうが)」と言われたところで、「だから何?」と言うしかないというわけだ。

 以上の思考実験により、ファー氏は、「本当の時間の向き」を問うこと自体がナンセンスだと指摘している。

コメント

10:匿名 2019年8月8日 20:50 | 返信

トランプ大統領を馬鹿にしちゃいかん。

9:トランプ大統領 2019年8月2日 13:12 | 返信

助けてー!集団チョンに襲われてまーす!!
こいつら集団チョンでーす!
統合失調症になったら金になるんか!

8:匿名 2019年8月2日 06:02 | 返信

自称トランプ大統領のコメントが完全に統合失調症の人の文章

7:トランプ大統領 2019年8月2日 02:38 | 返信

只の言葉遊びにしか思えないし
時間の概念から説明してくれないと頭がおかしい人としか思えん。
説明出来ないのでは統合失調症の疑いがある。というかやっていることがチョンのようだ。
自分で意味不明なことを言っていることに気付かずに勝手に思い込んでこうだと言っているだけで
本気で言っていたら脳の病気であるし、嘘だと思って言っていたら詐欺師で偽科学と同じだろう?
説明から進んでいるというのは分かるが結論として時間とは何か分からんなどと言われても
お前が思っている時間とは何か伝わらないし、説明不足もほどがある。
一体何が進んでいるんだね?それはどういう物理現象なんだね?答えてもらいたい。
急に怒り出して「時間だ!」などと言って火病って人を困らせないでくれ。
頭が痛くなる。そういう人が世の中には物凄い人数がいて人を困らせるんだ。
経験上、説明を求めてもまともな答えは返ってくることは無い。
近寄りがたい危ない人という認識になる。いるだろう?そういう偏屈な奴。病気だから放っておくしかない。まともな会話が成り立たないのがキチガイ。ヤバすぎるんだ!もう安楽死させるしかないレベルで暴れ始めて何を言っているのか変なことを口走って勝手に喜んでいる。
特に創価に多い。奴らは集団で同じことを言っているので人間では無い。日本人を恨んでいるのは見て取れるのでチョンであるとの認識をしている。チョンとは悪のロボット宇宙人に操られた統合失調症のキチガイのことであって、人種は関係ないので、白人だろうと黒人だろうとチョンはチョンなのだ。チョンかと尋ねたらチョンだと答えたので総称としてチョンと呼んでいるだけだ。

6:匿名 2019年8月1日 21:11 | 返信

人間が言う「時間」の物理的実体は存在しない。
よって時間に方向(過去・未来)は存在しない。
 
人間が「時間」と思っているものはエントロピーの変化。
物理現象や老化もエントロピー変化の一種。
 
我々の宇宙では永遠の現在しか存在できない。
なぜなら宇宙そのものが高次空に対して光速で移動しているから。
光速で移動する次空内では人間感覚で言う時間は経過しない。
 
光速を超えて移動できるのは情報のみ。
その情報が何かを知った時、人類は次の段階へ進めるようになる。

5:匿名 2019年8月1日 17:34 | 返信

よくオカルトで言われていることとして時間はレコード状になってて我々が知覚できるのはレコードの針がちょうど上に来ているときのみであり、本物の超能力者だとか霊能者といった特殊な人間のみそのレコードを真上から見ることができる。だから過去で起こったことや未来を見ることができる。本当がどうかは私は知りませんが。だからそういう人たちは本人しか知らないことや本人もわからないことを言い当てることができる。
とすると人生や運命とはもともと決まっているともいえるが本当はそうでもないらしい。
私もよくわからない。でもそのレコードとやらをはっきりと見えるような人と話をしてみたいね。
そういう種類の人たちはいろいろと過去も未来も知っているからこそあえて口をつむぐんだそうです。人類がショックを受けて集団自殺しないように。。。(ようするにそうとうヤバいもんをたくさん見たわけね)

4:匿名 2019年8月1日 16:35 | 返信

どこか間違ってるんだろうね

3:匿名 2019年8月1日 16:16 | 返信

刻(とき)が未来に進むと誰が決めたんだ、と富野監督は20年も前に看破していますね

2:匿名 2019年8月1日 15:51 | 返信

これは難しく考えすぎじゃないのか?

1:まるそ 2019年8月1日 11:37 | 返信

だから何?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。