8月4日は天才サッカー選手・松田直樹が亡くなった日! 34歳で死去…急性心筋梗塞は”心臓の酷使”が原因?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

(画像はWikipedia Naoki Matsudaより。日本代表でプレイしていた時の松田直樹)


2011年8月4日は、日本を代表するフットボールプレイヤーであり、日本人離れした大きなスケールのディフェンダーであった松田直樹が、34歳の若さで死亡した日である。
8月2日の練習中に急性心筋梗塞で倒れた松田は、すぐさま病院に搬送されたが、一度も意識を取り戻すこともなく2日後に死亡した。

まだ34歳という年齢の現役選手で、しかも日本代表で長らく活躍した有名な選手であっただけに、日本スポーツ界に与えたショックは史上類を見ないほどのものだったといえる。

だが、世界的にみれば、2003年のフォエ(カメルーン)の急死に始まり、2007年にはプエルタ(スペイン)、2009年にはハルケ(スペイン)と、トップレベルの現役フットボール選手が相次いで急死していたことの延長線上に起きた悲劇であったともいえるだろう。

原因としてヨーロッパのクラブシーンでの過密日程が挙げられる他には、現代サッカーのプレイスタイルが、技術よりもフィジカル重視で、絶えず短距離移動と長距離移動とが要求され続けるという“心臓を酷使する”競技と化している点も無関係であるとはいえないだろう。

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年8月4日 18:22 | 返信

フクシマの原発が爆発して日本に心臓病患者が急激に増えているとのことですが、この方が亡くなったのはそのわずか5ヶ月後のことです。無関係のわけないでしょう。
ちなみに放射能はその後全国各地にバラ撒かれています。たとえ九州に住んでいても無関係ではないですね。放射能のデトックスはちゃんとやりましょう。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。