「女性のゲロに性的興奮」深夜の山手通りでゲロ回収する男たちに密着! 知られざる”ゲロワニの世界”とは!?

関連キーワード:

,

,

,

「女性のゲロに性的興奮」深夜の山手通りでゲロ回収する男たちに密着! 知られざるゲロワニの世界とは!?の画像1

 世の中には、女性のゲロに性的興奮を覚える男たちがいるらしい。まったくもって理解し難いが、とにかくゲロが大好きな連中なんだと。実に不気味で、しかしだからこそ気になる。いったいどんなヤツらなんだろう。

 今回、一人の男性から話を聞けることになった。田中さん(仮名)、27才、都内在住。夜な夜な池袋の町を徘徊し、路上で吐いている泥酔女性を見つけ、そのゲロを拾って持ち帰り、オナニーのオカズにしているというド変態野郎だ。


■金曜、深夜一時、池袋駅西口

 金曜の深夜1時過ぎ、待ち合わせ場所の池袋西口へ。ちょうど終電が終わったタイミングだからか、駅前のタクシー乗り場には行列ができている。このアポ時間を指定してきたのは、田中さんのほうだ。

「せっかくなんで、ゲロ拾いの現場をお見せしようと思いまして」

 同行取材させてくれるとは。ありがたいというか、おっかないというか。
 ぶらっと歩きだす。まもなく『山手通り』に出た。都心から埼玉方面へ抜ける幹線道路だ。

「ぼくはいつも、山手通りでゲロを拾ってるんですよ」

「それは何か理由があるんですか?」

「もちろん」

 よくぞ聞いてくれたという感じでニコっと笑う田中さん。

「都心からタクシーで埼玉方面へ帰るときは、山手通りがよく使われるじゃないですか。池袋らへんって、泥酔したタクシー客がいったんタクシーを停めてオエーっとやることが多い場所なんですよ」

「なるほど」

「だから、ここで、泥酔の子がやってくるのを待ち構えるわけです。獲物を待つワニのような感じで」

 言うならば、ゲロワニってか。考えたものですな。
 さっそく、山手通りをウロウロし始める。

「田中さんは、いつからゲロが好きなんです?」

「3年前ですよ」

 その夜、駅前で若い女が吐いているのを見かけた。連れの男に背中をさすられながらゲロゲロと戻すと、少し体調が回復したのか、肩を借りて去っていく。そのときふと、女が残していったゲロに目がとまった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ