【原爆の日】被爆者の”本当の惨状”がわかるカラー写真・映像! 皮膚は溶け、体が曲がる症状も…絶対に目を背けてはいけない!

 今日8月6日、広島で「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」が開かれた。

 広島・長崎への原爆投下から74年目を迎え、徐々に戦争の記憶は風化しつつあるが、北朝鮮の核保有問題など、今なお我々は核兵器の脅威に晒されていることを忘れてはならない。いつまた、あの悲劇が繰り返されるかも分からないのだ。

 原爆の恐ろしさを再確認できる資料がここにある。これからご紹介するのは、過去にトカナで掲載した原爆投下による犠牲者の姿を捉えた1945年当時の映像だ。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

※衝撃的な画像と動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

 2016年5月27日、伊勢志摩サミットのために来日したオバマ大統領が、現職のアメリカ大統領として初めて被爆地である広島へと赴き、原爆死没者慰霊碑に献花するとともに、第二次世界大戦の犠牲者に対する追悼スピーチを行った。この一連の出来事に、世界中が改めて戦争の意味や原爆被害の悲惨さについて考えさせられた。

 そんなオバマ大統領による広島訪問の翌28日、動画共有サイト「LiveLeak」に、原爆投下による犠牲者の姿を捉えた1945年当時の映像がアップされた。これに対し世間からは「オバマのスピーチに胸が熱くなる部分もあったが、この映像の説得力は凄まじいな」「これは世界中に拡散したほうがいい映像」「生々しい犠牲者の姿はずっと残していくべき」と、映像の重要さを訴える声が多く上がっている。


■皮膚が溶けてケロイド状になった原爆被害者

【原爆の日】被爆者の本当の惨状がわかるカラー写真・映像! 皮膚は溶け、体が曲がる症状も…絶対に目を背けてはいけない!の画像2画像は、「LiveLeak」より

 まず映像は、廃墟かと見まごうほどボロボロの病院の一室に立つ、赤ん坊を抱えた日本人女性の姿を捉えている。上半身裸になった女性の体は、肌色とピンクのまだら模様だ。熱によって皮膚が溶けてしまったのだろう、ケロイド状の皮膚がところどころ盛り上がっている。女性に背負われた赤ん坊の足も色が変色し、小さな指は上に反り返ってしまっている。

【原爆の日】被爆者の”本当の惨状”がわかるカラー写真・映像! 皮膚は溶け、体が曲がる症状も…絶対に目を背けてはいけない!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル