8月8日は将来を嘱望された超有名サッカー選手が突然死した日! スペインで彼の死は永遠の文化に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
『RCDエスパニョールでプレイ中のダニエル・ハルケ』2009年撮影(写真はWikipedia Daniel Jarqueより使用)

 2009年8月8日は、将来を嘱望されたサッカー・スペイン代表の若きディフェンダー、ダニエル・ハルケが遠征先のホテルで突然死した日である。

 スペイン1部リーグの強豪、FCバルセロナのライバルクラブであり、同じバルセロナに本拠地を置くエスパニョールで弱冠26歳にしてキャプテンを務めていたディフェンダーだったハルケ。

 その急死は、まだ公式リーグ戦が始まる前、プレシーズンマッチを戦うためにいたリオのフィレンツェを訪れていた時の悲劇であった。


 練習後に電話をしていた最中、急に無言となったハルケを心配した恋人の女性がクラブチームのスタッフにに連絡。


 慌ててスタッフがハルケの部屋の中に突入すると、そこには心筋梗塞で死亡していたハルケの姿があったという。


 度重なるフットボーラーの急死の中でも、極めて若い部類に入るハルケの死は、バルセロナ、エスパニョール、スペインのファンだけでなく、世界中に知られることになった。


 そしてその約1年後、2010年7月11日に開催されたFIFAワールドカップ南アフリカ大会決勝に進出したスペイン代表チームは延長戦の末にオランダ代表を破ることになる。


 その決勝ゴールを決めたアンドレス・イニエスタ(ライバルのFCバルセロナの中心選手)は、その瞬間ユニフォームの下に隠していたメッセージ「DANI JARQUE SIEMPRE CON NOSOTROS(ダニ・ハルケ、僕達はいつもともに)」を世界に向けて披露した。


 その瞬間、ダニエル・ハルケの死は《永遠の文化》となった。死を記憶してゆくことで、悲劇は文化となり受け継がれる。


 現在もエスパニョールのホームゲームでは、21分になると拍手が行なわれる。


 チームを率いていた若きキャプテンの着けた背番号21番を忘れぬように、毎試合行われるその行為もまた、《死文化》と呼ぶに相応しい習慣である。

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。