【閲覧注意】「偽シリア人」が日本刀で男性を斬殺の瞬間! 執拗すぎる突き刺し… 移民政策の矛盾が引き起こす惨劇=独

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】「偽シリア人」が日本刀で男性を斬殺の瞬間! 執拗すぎる突き刺し… 移民政策の矛盾が引き起こす惨劇=独の画像1画像は、「BestGore」より

 先月31日、ドイツ南西部バーデン・ヴュルテンベルク州の都市シュトゥットガルトにある住宅街で日本刀を持った男がルームメイトの男性を斬り殺す事件が発生した。加害者はイッサ・モハメッド(28)で、被害者はウィルヘルム・Lさん(36)。イッサがウィルヘルムさんに襲いかかっている瞬間を収めた映像が海外の過激ニュースサイト「BestGore」などで公開されている。

 2カ所から撮影されていた映像のうち一方には、路上に停車した車の背後にいるイッサの姿が捉えられている。彼は日本刀を逆手に持ち、車で隠れて見えないウィルヘルムさんを何度も突き刺しているようだ。もう一方の映像は、上方からの視点だ。車の脇にウィルヘルムさんが倒れ、周囲のアスファルトは真っ赤な血の海になっている。イッサはウィルヘルムさんを何度も斬りつけた後、走って逃走した。

 その後、警察に逮捕されたイッサに関して衝撃的な事実が判明した。米メディア「Breitbart News Network」などによると、イッサは身分を偽りドイツに滞在していたという。この男は、2015年にトルコからドイツへ移住する際、亡命を希望する「シリア人」であると主張した。しかし、実際はヨルダンで生まれたことが彼の兄弟によって明かされた。

 イッサは、ドイツで難民の地位を得た後、女性と結婚して普通の生活を送っていた。しかし、ルームシェアしていたウィルヘルムさんによって自らの秘密をドイツ当局に知られたのではないかと考え、ウィルヘルムさんを殺害したと見られている。事件当時、イッサは「お前はどうしてそんなことをしたんだ?」「ベルリンに何を送りやがった?」と叫んでいたという。

 2015年の欧州移民危機以来、ドイツ当局はシリアの偽造パスポートの蔓延を問題視してきた。実態を指摘する報告があったからだ。また、相変わらず移民による事件も深刻な社会問題となっている。今回の事件の数日前には、フランクフルト駅で8歳の少年と母親が移民の男によってホームに突き落とされ、少年が死亡する事件が起きたばかりだ。こうした事情を背景にして、ドイツ国内で移民に対する風当たりがさらに強くなっていくかもしれない。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年8月13日 02:24 | 返信

>> 3

おまえ毎度ウザイからコメするんじゃねぇ。
座敷牢に閉じ込めてもらっとけ。

4:匿名 2019年8月13日 00:16 | 返信

なんでこんな短絡的なことを。仮に本当に身分がばれる事態だったとしても、殺人で捕まるよりはマシな結果が待ってるだろうに。馬鹿者としか言いようがない。

3:トランプ大統領 2019年8月12日 08:57 | 返信

刺しているというより、叩いていると言った方が良い。確かに模造刀のようだ。
切り傷なんてないじゃん!イッサ・モハメッドという名前からして私のパペットだ。
DA PUMPのISSAと同じくパペットに違いない。チョンのパペットをぶっ殺しただけだ。
個人的にはイスラムの怒りで異教徒の偽ユダヤ人を始末してもらいたいね。
アイツらは絶対に生かしておいてはならない。
偽日本人もいらんが偽ユダヤ人もいらん。
火付けて捕まってこいおまえ!たてもん燃やしてこい!
奴らは又吉イエスが地獄の火の中に投げ込む者たちだ!

2:匿名 2019年8月11日 23:48 | 返信

メルケルは一時の感情で唐突に行った自らの判断ミスを反省しろ、
と言っても彼らはセキュリティの行き届いたところで庶民とは関係なく暮らしてるんだろう。
下々のクダラない犯罪なんぞどうでもいいだろうな

1:匿名 2019年8月11日 20:50 | 返信

日本刀とじゃない。模造刀です。
お土産屋アルミの刀。。
日本刀はこんな曲がり方をしません。。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?