【衝撃】ついに火星で「3人家族」が発見される! オカンとボクと、禿げてるオトン状態に…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 火星にモナ・リザのような女性の像があることが発覚した。

 これまで火星ではさまざまなモノや生物が撮影されてきたが、人間に似た像は最もポピュラーなものだろう。「火星の人面岩」「ゴブリンの顔面岩」「黒人男性の顔」「オルメカ・ヘッド」など、その数は枚挙に暇がない。

 今回、火星のモナ・リザを発見したのは世界的UFO研究家のスコット・ウェアリング氏だ。

「9年前、女性、男性、子どもが写っている1枚の火星写真を報告しましたが、それは後にNASAが削除しました。今回見つけた写真はそれとは違いますが、とてもよく似たものです」(ウェアリング氏)

【衝撃】ついに火星で「3人家族」が発見される! オカンとボクと、禿げてるオトン状態に…!の画像1
画像は「ET DATA BASE」より引用

「女性の像は緑色のローブを着ていますね。髪は肩にかかるぐらいの長さで、ウェストはほっそりしています。手首までローブに隠れていますが、そこから出ている手は少しピンク色です。人間のような姿をしていることは疑いありません」(同)

 さらに、この写真には男性と子どもも写っているという。

「女性の前に横たわっている男性も緑色の服を着ています。禿げているのでしょう、赤味がかった頭皮が見えます。その男性の前には小さな子どもいます。座り込んで、両手両足を投げ出しています」(同)

コメント

7:匿名 2019年8月13日 07:23 | 返信

女性だけならまだわかるけど、父と子供の無理矢理感が凄くて萎えた。

6:匿名 2019年8月13日 05:47 | 返信

火星で撮影されてるのか、されてないのかはどうでもいい。

岩だよ。

5:匿名 2019年8月13日 03:04 | 返信

9年前の写真と、今回見つけた写真は非常に似てるが、違うと書いてる。引用元では"yet darker photo"と書かれてある。
私には全く同一のものだとしか思えない。画像処理によって接合された時のローバー・スピリットの煙突のようなパーツの切断具合が全く同じである。(だから私には意図が汲み取れていないのかもしれない…)
女性と言われる部分は確かに彫像のようであるが、それ以外の部分は全く論ずるに値しない「岩そのもの」である。
ウェアリング氏が書くんなら、あの人の独壇場の作風なのでいいとして、それを引用するメディアは質を吟味してから載せて欲しいところ。9年前のものに関してはいいんだよ、見ようによっては座ってる人魚だから。

4:匿名 2019年8月12日 23:46 | 返信

粗くて遠くてよくわからないよ。

3:オッパイ大好き 2019年8月12日 21:44 | 返信

写真が小さくて よく解らないね

2:匿名 2019年8月12日 10:29 | 返信

禿げてるオトン?www
禿げじゃなくて火星における最新ファッションだったらどうするんだよ?www
頭を禿げちらかして仮病ぶっこいている偽患者じゃあるまいしww

1:匿名 2019年8月12日 10:16 | 返信

暑中お見舞い申し上げます。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。