加藤浩次と宮迫博之、吉本の“粛清”は事件に発展する可能性も!? 山本圭壱も危機「とんでもない情報」すでに出回る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は「スッキリ」より引用

 闇営業をめぐる一連の問題で、吉本興業の大崎洋会長と岡本昭彦社長の辞任を要求した極楽とんぼの加藤浩次の“粛清”に向けた動きが水面下で始まっているという。

 吉本興業との契約解消処分となった宮迫博之と、謹慎中の田村亮が先月20日に行った謝罪会見を受けて、加藤は同22日の『スッキリ』(日本テレビ系)で取締役ほか経営側の刷新を求め、同社の「経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める!」と啖呵を切った。

 ところが、松本人志から「吉本芸人を一人も辞めさせないで会社を改革したい。お前も辞めないで芸人チームは一枚岩になって会社と戦うことはできないか」と説得されて次第にトーンダウン。共同確認書をすべての芸人・タレントと交わし、従来のマネジメント契約に加えて、専属エージェント契約も結ぶという経営アドバイザリー委員会からの提案を吉本が導入することになったため、加藤は9日の「スッキリ」で吉本に残留することを明かした。芸能関係者が苦笑する。

「あれほど吠えた勢いはどこへやらです。加藤は男を下げましたね。これで辞めていればネット民を味方につけることができたのに……。以前は狂犬という名をほしいままにしていたのに、今ではチワワという名称がついていますよ」

 一方、宮迫も特殊詐欺防止の啓発イベントに参加したり、次第にボランティア活動に本腰を入れつつある。8日発売の「週刊文春」では明石家さんまの個人事務所に所属したい意向を告白。さんまの事務所は、吉本本体ではないものの、吉本内のいわば“系列事務所”にほかならない。契約解消処分も撤回されているため、形式上は吉本に在籍していることになる。テレビ関係者が指摘する。

「結局、大崎(会長)も岡本(社長)も辞めず、松本の一強体制が存続するということですよ。芸人や吉本社員は、これまでどおり松本、大崎、岡本の顔色を伺わなければならないし、恐怖政治にビクビクしなければなりません。大山鳴動して鼠一匹とはまさにこのこと」

 では、これで「めでたし、めでたし」かというと、答えは「NO」。実は水面下で“宮迫、加藤の粛清プロジェクト”が進行しつつあるのだ。吉本関係者が声を潜める。

人気連載
自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

自分でも知らなかった「本当の性格」がわかる4択占い! 完璧なセルフコントロール法も判明… Love Me Doが指南!

■あなたの“取り扱い説明書” 「朝起きたら、街が大騒ぎに...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメント

1:匿名 2019年8月10日 11:05 | 返信

相変わらずどうでもいい聞きあきた芸能ニュースばかり。
今この国の状態は建て直し不可能なくらい深刻な状態なのに相変わらずテレビや新聞では一切報道されず、自称オカルトや陰謀論を追及しているとされるトカナですらがこの有様。もうこの国も国民もとっくに終わっているんだよ。
この前ここのコメ欄に「日本はこれからだよ!頑張れ!」とか意味不明なこと書いてたやついるけど、実際のところこういう人が何もわかっておらず現実も直視できない人なんだよね。現実を直視するなら日本頑張れとか言えるわけがない。将棋や囲碁なら投了級の状態なのにね。ボクシングならノックアウト。日本はこれから終わるんじゃなくて“もうとっくに終わってるんだよ”。残念だけどね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。