カラテカ入江、闇営業問題の真相を捨て身で晒す”暴露本”を年内発売か!? 知られざるウラ側と「反社と関係ない」強調…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

入江式 のしあがる力(ちから。)/ゴマブックス株式会社

 

 お笑いコンビ、カラテカのメンバー入江慎也が、 反社会的勢力のかかわる闇営業問題について、 事実と異なる報道をされたとして法的措置に出る方針を固めたと、 一部スポーツ紙が報じた。

 入江は2014年12月に詐欺などを働いていた反社会的勢力主催の忘年会に雨上がり決死隊の宮迫博之やロンドンブーツ1号2号の田村亮らを呼び、反社会的勢力と芸人の橋渡し、 仲介をしたとしたとされ、 所属していた吉本興業側から契約解消処分を受けていた。その後「詐欺グループの忘年会であるとは本当に知らなかった」 と釈明していた。

 芸能関係者は「仲間内である親しい芸人からもバッシングを受け、 一時は相当落ち込んでいた入江ですが、 再び表舞台に立つために準備をすすめているようです。法的措置と並行して、実は闇営業問題の真相やお笑い界の知られざるウラの情報について語る暴露本の出版を計画しています。このままいけば、芸能界から消えてしまう状況ということで、なりふり構わず、捨て身の作戦に出るようです。出版社の編集者が、地方都市で入江と接触して内容を詰めているというので、年内には上梓されるでしょう。今回の裁判も暴露本も『反社と知らなかった』という点を強調したいということです」

関連記事

    関連キーワード

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。