8月14日は日本ロック界の伝説・山口冨士夫が亡くなった日! 米兵に突き飛ばされ、後頭部を打ち…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
『TEARDOROPSのCDTEARDOROPSのCD「ラヴ・ゲリラ 1988-1989LIVE」のジャケットに写る山口冨士夫』(画像はTEARDOROPSのCDTEARDOROPSのCD「ラヴ・ゲリラ 1988-1989LIVE」より)

 2013年8月14日は、「ザ・ダイナマイツ」「村八分」「裸のラリーズ」「TEARDROPS」等のロックバンドで活躍したミュージシャンの山口冨士夫が死亡した日である。
山口は東京都福生市の福生駅の前で、米兵に突き飛ばされたことが原因で頭を強打し、死亡したと報道された。

 そこまで聞くと、一件物騒な事件に巻き込まれたのではないかという印象であるが、各報道を見てゆくと、だいぶ印象が変わってきた。いくつかの報道を合わせると、このようなストーリーだ。

 ある若い女性が駅前で男性に道を尋ねていたところ、それを遠くから見ていた彼女の知人の米兵が、知らない男に絡まれていたと思って助けに向かった。そこで米兵が男性を殴る事態に発展し、そこに居合わせた山口冨士夫が、仲裁に入ったところ、米兵から押されて道端に倒れ、後頭部を打って急性硬膜下血腫を起こし、1カ月後に脳挫傷で死亡した。生前の山口がかなり衰弱していたということもこの悲劇の原因であろう。

 米兵が過度に暴力的であったことには疑いはないが、彼にしても人助けをしようと思っていたであろうし(一説にはキャバクラ嬢とその常連客の関係であったとも)、この話に出てくる登場人物は、誰もが善意で動いている。ちょっとした誤解と、偶然が重なって、ここまで多くの人間がかかわる死に方、それもストーリー的には外野もいいところの位置に、生前は“日本ロック界の生ける伝説”として様々な武勇伝を残したロックスターがいたのである。


 死に方にはいろいろあるが、ここまで奇妙な死に方は近年でも記憶にない。「あの山口冨士夫がこんな死に方を……」と嘆く向きが多いのもわかるが、では、この事件よりもミステリアスな死に方はあるだろうか? この最後の一瞬だけをとったとしても、やはり山口冨士夫の人生は、並外れておもしろいものであったと思う。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。