8月17日はMLBレイ・チャップマンがデッドボールで死亡した日! こめかみを直撃、耳からは血が流れ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
『1916年、チームメイトと写るレイ・チャップマン』(写真はWikipedia Ray Chapmanより使用。Public Domain)

 1920年8月17日は、MLB史上唯一の死亡事故、レイ・チャップマンがカール・メイズの投じたデッドボールによって死亡した日である。


 俊足巧打のショートストップとしてクリーブランド・インディアンスきっての人気選手だったチャップマンは、8月16日に行なわれたニューヨーク・ヤンキース戦の5回表にその回の先頭打者として右打席に立った。そしてヤンキースの投手カール・メイズが1ストライク1ボールからアンダースローで投じた3球目は、左側側頭部のこめかみを直撃する速球であった。ボールは鈍い音を立てて跳ね返り、チャップマンの左耳からは血が流れていたという。


 そのままスタッフに支えられクラブハウスに引き上げたチャップマンは近くの病院に緊急搬送され、約12時間後の17日早朝4時40分に死亡した。


 死亡後、メイズは“ヘッド・ハンター(わざと死球を当てる投手)”として認知されていた曰く付きの選手であったことから、この事件は球界内に止まらず、社会問題化され、結果的にビーンボールやスピットボール等の反則投球への取り締まりが強化されることとなった。


 このメジャーリーグ史上唯一の“直接的なプレイでの”死亡事故は、あまりに多くの物語を残している。


 この年に結婚したばかりのチャップマンの妻、ケイティはこの死亡事故以来鬱病に苦しみ、1928年に服毒自殺を遂げている。


 カール・メイズは事件後も、そしてその生涯を通じても一切謝罪の言葉を口にせず、死んでいった。


 そして、チームきっての好青年として皆に愛されたチャップマンの最後のコメントは、球場を去る時に残した「大丈夫だとメイズに伝えてくれ」というものだった。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

関連記事

    コメント

    1:トランプ大統領 2019年8月17日 09:45 | 返信

    私は態とぶつける派だ!
    もしユダヤ系日本人だけのチームを作れたら、シンギングファストもしくはカットボールで三振取れるように練習し、筋トレで170キロオーバーを目指してトレーニングをして、体重を乗せた重い球を投げて暴投もしくは三振させて足や股間に当てて怪我をさせる方法を編み出すだろう!
    私の加護下にある埼玉西武ライオンズは戦術として態とぶつけるチーム。
    東尾修もシュートを態とぶつけて乱闘していた。
    オリックスやロッテには積年の恨みがあって態とぶつけているのだ!
    私的には左投手の場合ロメロの膝頭目掛けて三振を取りに行くと見せかけてスライダーもしくはカットボールをクロスファイアでぶつけるか右投手の場合はツーシームあるいはシュートを膝頭か金玉めがけて投げるか、フォーシームかスライダーのすっぽ抜けを態と投げて頭に当てて制裁を加えた方が良いと思うのだ。あの野郎に何度も二打席連続のホームランという八百長をやられているので、態とぶつけて怒らせて退場もしくは病院送りに追い込みたい。
    打てないオリックスがクリーンナップ全員ホームランで20点も取るなどチョンの人間操作による八百長以外にあり得ないのだ!何故か投手全員が球が高く失投していて飛びやすかったのも不自然な現象だった。西武が浅村抜けたのに大量得点が出来て、大量失点の後に逆転のホームランで勝ったことが気に入らなかったようだ。こっちはコツコツ積み上げてきてチーム戦術としてあれが出来るのであって、全く八百長などやっていないし、逆に得点を故意に抑えられて16点以上取れない。これだけ入れれば逆転は出来んだろう的なものを感じる試合だった。俺的には例え20点入れられようとも30点取って逆転で勝つくらいの野球をやりたいし、戦力さえ整えば日本の雑魚投手だったら、うまくいけば30点取ることも可能である。トレーニングが上手くいけば打てなかった選手が打てるように覚醒してホームランを打つことが出来るし戦力が増す。木村がパワーあるのに当たらない為に、まぐれ当たりばかりで打てない状況が長く続いたが、最近覚醒して打ち始めたので期待は大きい。あの打率の低いおかわり君が打てるようになったのも戦術を変えたことがフィットしてきたからだろう。チームバッティングで結果を残している。外国人を取って補強することをしないのも疑問に思うのだが?余りにも強すぎるために抑えられているようにも思えるわけだ。
    それでもってチョンのチームであるソフトバンクはあれだけの戦力を保持しているのは納得いかない。西武がソフトバンク並みの戦力があれば2位と20ゲームは離してぶっちぎりでの優勝をしているだろう。そういうのもあってか態とぶつけて揉め事が起きるのである。これは正当防衛なので何ら問題がないと言っておこう。山川選手が打てなくなったのもチョンのせいだ!
    打てないのにあんな際どいアウトロー低めのボール球を完璧なホームランにするなどとても調子が悪いとは思えないので人間操作によって本来の打撃を阻止されている可能性が高く、本来ならば70本ペースで打っているはずだ!あんなボールをホームランにするのは余程の技術を要する。
    まあメジャーだとアウトロー低めギリギリを完璧に引っ張って打つ選手もいたので出来ないことはないが、それもごくわずかの選手のみだ。完璧に引っ張りで打つとなると踏み込まないと出来ないし難しいので大体はセンターから外側に打っている。タイミング遅れても芯に当ててボールの角度が上がるようにコントロールして打てば入るので、合わせて打つというのもある。日本の投手は大体が球が遅いし球威がないので当たれば入る。西武ライオンズは破壊神のチームであり、山賊なので、もっと大胆に金玉や膝頭など下半身を狙って投げる練習をしてもらって、相手を殺す為に筋トレしてホームランを打つもしくは三振を取る、態とぶつけて怪我をさせるというのも八百長を阻止する方法だと思うので選手には高度な技術を体得してもらいたい。悪を殺す為に筋トレをするのだ!選手には悪いがこれも競技の内であって態とぶつけるのはお祓いの様なものである。
    チョンの場合は報復目的だ!強すぎて気に入らない為にぶつけてくるので完全なる悪だ!
    恥を知れ!悪魔め!ドブに浸かって反省しろ!

    コメントする

    画像認証
    ※名前は空欄でもコメントできます。
    ※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。