【閲覧注意】電車の飛び込み自殺で”ありえない”失敗… 死ねなかった人はこうなる! ヤバすぎる事態に発展!=露

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】電車の飛び込み自殺でありえない失敗… 死ねなかった人はこうなる! ヤバすぎる事態に発展!=露の画像1画像は、「theYNC.com」より

 日本のみならず世界各地で列車への飛び込み自殺が頻発している。しかし、それが必ずしも成功するとは限らない。海外の過激動画共有サイト「theYNC.com」から、「こんなのありか!?」と驚きを禁じ得ない失敗事例を紹介しよう。

 動画に映っているのは、フロントガラスが大破した電車だ。警官が連絡を取っているその横で、男性が仰向けに倒れて悶えている。彼は飛び込み自殺を試みたが、電車のフロントガラスを突き破って車内に突入、幸か不幸か生き残ったのである。

 ロシアの無料放送ネットワーク「REN TV」によると、この動画は今月7日13時10分頃、モスクワ地下鉄の路線の一つであるタガーンスコ=クラスノプレースネンスカヤ線のクズネツキー・モスト駅で撮影されたものだという。男性は医師らによって現場から運び出されたそうだが、その後の詳細は不明である。

 この事故とは逆に、電車から飛び降りて自殺しようとした自殺志願者が生き残る珍しい自殺未遂事件もある。今年5月9日、韓国の首都ソウルで走行中の高速鉄道から飛び降りた32歳の女性が奇跡的に一命を取り留める事故が起きた。韓国メディア「AJU Business Daily」によると、彼女は車両の窓ガラスを緊急脱出ハンマーで叩き割り、「これ以上生きていたくない」と叫んで車外へと身を投げたが、彼女は複数個所を骨折したものの致命傷は負わなかったという。この高速鉄道は通常時速300キロで走行しているが、事件当時は毎時170キロに速度を落としていた。このことが女性の生存につながったと見られている。

 自殺に失敗した女性は、1108人の乗客に遅延をもたらしたことを理由として、韓国鉄道公社から約2700万ウォン(約240万円)もの賠償金支払いの見積もりを突きつけられた。また、壊れた窓を弁償することも求められた。生きることに絶望して死のうとしたのに、死ねなかっただけでなく高額な罰金まで請求されたのだから踏んだり蹴ったりである。

 電車の力を借りて自殺を試みたとしても、必ずしも死ねる訳ではない。未遂に終わって、さらなる苦痛を味わう可能性もある。自殺の失敗事例をふまえて、改めて「命を粗末にしてはいけない」と肝に銘じてもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

【閲覧注意】電車の飛び込み自殺で”ありえない”失敗… 死ねなかった人はこうなる! ヤバすぎる事態に発展!=露のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル