8月23日は8年間監禁された美少女が解放され、誘拐犯が自殺した日! .ストックホルム症候群の典型的事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
8月23日は8年間監禁された美少女が解放され、誘拐犯が自殺した日! 犯人に同情...ストックホルム症候群の典型例の画像1
『ナターシャ・カンプッシュのポートレート』( マルティン・モラベク撮影)(写真はナターシャ・カンプッシュのウェブサイトより)

 2003年8月23日は、10歳で誘拐されていたオーストリアの少女、ナターシャ・カンプッシュが、その8年にもわたる誘拐監禁状態から逃げ出した日である。


 そして、その誘拐犯であるヴォルフガング・プリクロピルが電車へ飛び込み自殺をした日である。

 その誘拐犯の死亡を耳にした彼女は、同情の意を示したという、いわゆる「ストックホルム症候群(誘拐、監禁党の厳しい環境に陥った被害者が、長時間共に過ごすことにより加害者に同情したり好意を抱いてしまう症状)」のエピソードで話題になった事件であった。


 解放後、事件の後遺症と闘いながら2010年に大学を卒業したナターシャは、その監禁の経験を「地下室に閉じ込められ、数度のレイプがありながらも、ラジオ・書籍は与えられたという意外に文化的な環境にあった」と語った。


 それらの詳細を明らかにした事件の告白本『3,096 Days』を出版したが、その出版後のインタビューで「ストックホルム症候群」を「厳しい状況下での合理的な反応に過ぎない」と否定したことでも話題となった。


 ちなみに、この8月23日は、そもそも「ストックホルム症候群」が命名されるきっかけとなった「ノルマルム広場強盗事件」の発生した日でもある(1973年)。


 ストックホルム中心部の銀行に立てこもった犯人のヤン=エリック・オルソンが立てこもり中に寝ている間、人質が警察を威嚇していたということがあったのだ(ちなみに犯人は逮捕されたがその出所後も罪を重ね、後日『Stockholms-syndromet』なる著書を出版)。


 実際のところ、ナターシャのケースがどちらだったかはわからないが、8月23日はこの奇妙な人間の習性「ストックホルム症候群」にまつわる日であることは間違いない。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。