8月25日は作家・トルーマン・カポーティが薬物中毒で亡くなった日! 人間の闇を覗くような大作を遺すも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
『1959年のトルーマン・カポーティ』ロジャー・ヒギンズ撮影(画像はWikipedia Truman Capote より。Public Domain)

 1984年8月25日は、1959年にアメリカ・カンザス州の農場で一家4人が惨殺された事件を小説化した長編小説『冷血』の作者として知られる作家・トルーマン・カポーティが、薬物中毒からの肝疾患で死亡した日である。


 映画化されて世界的なヒットとなった『ティファニーで朝食を』で若くしてスター作家になったカポーティは、同性愛者であることを公言するなど、私生活の派手さでも世間を賑わせたが、その一方で、セレブリティとして肥大化した生活は彼自身をアルコールとドラッグの依存症に追い込んでゆき、『冷血』以降は長編を一作も完成させることなく、薬物過剰摂取で死んでいった。


 ちなみに、カポーティの死後、彼の人生と奇妙なキャラクターを見事に描き、その年のアカデミー主演男優賞を受賞した映画『カポーティ』(2005年)で、迫真の演技を見せた主演のフィリップ・シーモア・ホフマンも、薬物中毒の果てにオーバードースで死亡している。


 人間の闇を覗くような大作を遺したカポーティと、その彼の闇を演じ切った名優という、二人の突出したアーティストがともにドラッグに見そめられ人生を終えたのは、果たして偶然といえるのであろうか?

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

1:匿名 2019年8月27日 02:05 | 返信

あの俳優も死んでたのか!結構好きな俳優だったから今知ってショックだわ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。