8月28日はサッカースペイン代表アントニオ・プエルタが試合中に亡くなった日! 試合中に昏倒、背番号は永久欠番に

『アントニオ・プエルタと、その背番号16番』(画像はWikipedia Antonio Puertaより使用)

 2007年8月28日は、スペインのフットボールクラブ、セビージャFCに所属していたアントニオ・プエルタが試合中に陥った昏睡状態から死亡した日である。


 8月25日にホームスタジアムのサンチェス・ビスファンで行われたシーズン開幕戦に出場したプエルタは前半35分に突如意識を失い倒れた。


 その場での応急処置で意識を取り戻したが、そのままロッーカールームに歩いて引き上げるなり再び意識不明に。すぐさま病院に搬送されたが、数度の心肺停止を繰り返し、8月28日に死亡した。まだ22歳の若さだった。


 原因は不整脈源性右室心筋症という彼自身の心臓疾患にあったといい、以前も練習中と試合中に1度ずつ倒れていたことがわかった。


 とはいえ、前年からはスペイン代表にも選出され、クラブの下部組織出身でその未来を担うヤングスターの急死に、セビージャFCのファンのみならず、スペイン全土、世界中が衝撃を受けた。


 いまでも彼の着けていたセビージャFCの背番号16は永久欠番として扱われ、サンチェス・ビスファンのホームゲームでは前半16分にプエルタの応援歌が歌われている。


 セビージャは近年のリーガ・エスパニョーラで毎年上位に入る強豪のひとつであり、昨年7位の結果、今年はUEFAヨーロッパリーグなるカップ戦にも出場するだけに、人々がセビージャがいまだ記憶し続ける《プエルタという死文化》を目にする機会も多くなるだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

「とうとう……脱がしてしまいました」LGBT系のクレオパトラ映画が凄い!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

玉の輿、成り上がり… 努力せず幸せになれる“超ラッキーな手相”をLove Me Doが解説! 幸運のピーク年齢も判明!

【手相】玉の輿線、成り上がり線、ヒモの才能線  今回は、...

8月28日はサッカースペイン代表アントニオ・プエルタが試合中に亡くなった日! 試合中に昏倒、背番号は永久欠番にのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで