8月30日はケネディ暗殺フィルムの撮影者が亡くなった日! 愛する大統領の死がトラウマに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
8月30日はケネディ暗殺フィルムの撮影者が亡くなった日! 愛する大統領の死がトラウマに…の画像1
写真はWikipedia エイブラハム・ザプルーダーより。Public Domain

『ザプルーダー・フィルムの398コマ目で喉元を押さえて倒れるケネディ元米大統領』

 1970年8月30日は、ジョン・F・ケネディ元アメリカ合衆国大統領暗殺事件の映像、通称“ザプルーダー・フィルム”を撮影した一般人、アブラハム・ザプルーダーが死亡した日である。

 1963年11月22日、熱心なケネディ支持者であったザプルーダーは、大統領がダラスにやってくると聞きつけ、購入したばかりの8ミリカメラを持ってパレードに出かけ、その姿を記録した。

 そして歴史的な凶行を、偶然記録してしまったのである。事件後、自ら撮影してしまった世紀の凶行に大変なショックを受けたザプルーダーは、捜査関係者だけにその映像を公開したが、その後『ライフ』誌にその出版権を売却(当時の15万ドルで)したものの、その際には頭部に弾丸が命中して鮮血や脳味噌のようなものまでが飛び散っている「313コマ目だけは公開しない」という条件を付けたほどであった。

 その後も公の場で事件の供述をした際に泣き出して崩れ落ちるなど、生涯にわたってそのフィルムの残像は撮影者を苦しめ続け、その後の人生でカメラを持つことさえもできないという根深いトラウマを植えつけるものであったという 事件後7年でその人生に幕を閉じたザプルーダーであったが、彼の撮影した“決定的瞬間”が、その後の彼の人生を支配してしまったといえるだろう。

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。