8月31日はダイアナ妃が交通事故死した日! 時速130キロオーバーでの激突死…美しき元プリンセスの急逝の謎!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
8月31日はダイアナ妃が交通事故死した日! 時速130キロオーバーでの激突死…美しき元プリンセスの急逝に世界が涙の画像1
写真はWikipedia Death of Diana, Princess of Wales / Erik1980撮影と、1997年8月31日の「ニューヨーク・デイリーニュース」紙

『ダイアナ妃が交通事故死したパリ・アルマ広場下のトンネルとその日の「ニューヨーク・デイリーニュース」紙の一面』

 1997年8月31日は、英王室のウェールズ公チャールズの元夫人、ダイアナ妃が交通事故死した日である。


 1981年にチャールズ公と結婚し、「ごく普通の市民層の少女が英国のプリンセスに」というシンデレラストーリーで世界中の人気者となったダイアナだったが、後年は長年の冷え切った夫婦の別居生活が露わになり、最終的にはお互いの不倫が発覚するなど、夫婦生活の晩年は世界でも最もスキャンダラスな王室の主役として知られるようになった。


 1996年の離婚後も未だその美貌を誇っただけに、数々の浮き名を流したダイアナ妃だったが、そのうちの一人であったドディ・アルファイド(イギリスのデパート「ハロッズ」のオーナー、モハメド・アルファイドの長男)とリッツホテルに滞在中に突然の交通事故に遭い、世界中が騒然とする急逝となった。


 事項当時に車に乗っていたのはドディとダイアナ妃の他、リッツホテルの運転手のポール、ボディガードのトレヴァー・リース=ジョーンズの4人であり、ドディとポールは即死、ダイアナも意識を取り戻すことなく搬送された病院で死亡、唯一シートベルトをしていたジョーンズのみが無事生き残った。


 時速130キロオーバーでの激突死というあまりに派手な事件であったため、モハメド・アルファイドを始め、多くの人物が陰謀説を主張したが、原因は運転手ポールの飲酒と、追跡していた大量のパパラッチとのカーチェイスによるものであったと結論づけられている。


 ダイアナ妃の死亡後、女王エリザベス2世は一般人として扱うことを望んだというが、チャールズ皇太子、トニー・ブレア首相の強い希望でイギリス王室による準国葬「王室国民葬」ということになった。


 その葬儀のテレビ中継の視聴者数は、親交のあったエルトン・ジョンが自らの『Candle In The Wind』を『Goodbye English Rose』と歌詞を代えて捧げたという話題性も手伝い、3,210万人もの数字を記録し(イギリスの2016年の人口65,110,000人の約半数)、歴代最高の視聴率となっている。国外の数多くの視聴者を含めれば、ダイアナ妃の葬儀は、有史以来最大といえる葬儀イベントの1つといえるものだろう。

 ちなみに、ダイアナにまつわる陰謀説もある。ダイアナの母フランシスはユダヤ系。そして、本当の父はユダヤ人大富豪のジェームズ・ゴールドスミス卿だった。だから、ダイアナは正真正銘のユダヤ人で、実は王室に殺害されたという陰謀説だ。詳しくはこちら

 

<トカナ 今日の不幸を記憶するブラックカレンダーより>

編集部

コメント

2:匿名 2019年9月1日 07:52 | 返信

この人目障りだったからイギリス王室に暗殺されたんだよね?パパラッチに追いかけられて逃げたように見せかけて。プロの暗殺集団の手にかかれば事故死に見せかけるなどお手のもの。

1:匿名 2019年8月31日 09:59 | 返信

パパラッチどもが殺したわけだ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。