【閲覧注意】16人の子どもが突然“狼に変貌”! 原因は謎の汚染薬か… 獣のような姿に!=スペイン

関連キーワード:

,

,

,

,

,

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】16人の子どもが突然狼に変貌! 原因は謎の汚染薬か… 獣のような姿に!=スペインの画像1画像は、「The Daily Mail」より

 昨今、スペインで16人の子供が「狼男症候群」を発症したとして話題になっている。狼男症候群とは、全身に異常な量の毛が生える、いわゆる「多毛症」である。多毛症は、遺伝子の異常による先天性の場合もあるが、薬物や悪性腫瘍などの影響で後天的に発症することもある。治療の選択肢は少なく、治療結果は患者にとって必ずしも満足できるものではない。剃毛や抜毛などの対処法の中でも、長期的な効果を期待できるのはレーザー脱毛くらいである。

 スペインの事例は後天的な多毛症で、脱毛症治療薬としても使用されるミノキシジルに汚染された薬を服用した乳児たちに症状が現れたとされる。同国の医薬品医療機器局は先月11日、湾岸都市マラガを拠点とする製薬会社「FarmaQuimica Sur」に対して、一部の薬を流通させないように命じた。

 今回多毛症を発症した子供たちは、胃食道逆流症や消化不良の治療薬としてオメプラゾールが処方されていた。しかし、それがミノキシジルに汚染されていたため、多毛症を発症してしまった。実際、子供たちがオメプラゾールの服用をやめると、異常な体毛の成長が治まったという。子供たちの保護者は、汚染された薬を処方された場合は子供に医療機関での診察を受けさせ、購入した薬に関しては薬局に確認するようにアドバイスを受けた。

 FarmaQuimica Surは現在、営業資格を停止されており、薬の製造や輸入、頒布ができない。薬を卸しているインドの業者が汚染の発生源と見られている。スペイン当局は、今回の薬害は子供向けに処方された薬に限定されており、オメプラゾールを服用している大人は多毛症を心配する必要はないと述べている。多毛症を発症した子供たちに関しても、汚染された薬の服用をやめれば回復するだろうとのことだ。

 スペインの事例のように、薬害が社会問題となることは少なくない。日本でも、サリドマイドや非加熱製剤など、深刻な薬害事件が起きている。薬が必ずしも安全ではないことを理解した上で、服薬によって身体に異変が生じたら、早めに医療機関で診断を受けるべきである。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【閲覧注意】16人の子どもが突然“狼に変貌”! 原因は謎の汚染薬か… 獣のような姿に!=スペインのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル