スリムクラブ、松居一代…! 欠陥住宅に住んでしまった芸能人4人「7月なのに極寒…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
スリムクラブ、松居一代…! 欠陥住宅に住んでしまった芸能人4人「7月なのに極寒…」の画像1
画像は、「スリムクラブ内間」公式Twitterより

 闇営業騒動で謹慎生活を送っていた吉本芸人・スリムクラブの内間政成(43)。シュールな笑いで人気の芸人だが、実は“欠陥住宅芸人”としても知られている。

 謹慎中に『NEWSポストセブン』(小学館)の直撃を受けた際には、「(稼げていなくて)ヤバいっす」「ローンは残り30年」「欠陥住宅なんで売れない」と辛い実情をこぼしていた内間。2015年の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ放送系)では71歳までのローンを抱えていることを明かし、「断熱材が入ってなくて、7月なのに寒い」「冬は極寒ですよ」「これから手直しするのは無理」と語っていた。ちなみに月23万円のローンを払うため、元CAの奥さんも再び働き出したという。

 今回は内間のように、欠陥住宅をつかまされてしまった芸能人たちを紹介しよう。

 

●トータルテンボス・大村朋宏

スリムクラブ、松居一代…! 欠陥住宅に住んでしまった芸能人4人「7月なのに極寒…」の画像2
画像は、「トータルテンボス大村朋宏」公式Twitterより

 吉本には、内間のほかにも“欠陥住宅芸人”が存在する。2014年に放送された『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)で欠陥が発見されたのが、トータルテンボスの大村朋宏(44)だ。

 当時、築2カ月という“ほぼ新築”状態だった大村家。しかし番組の検証では、部屋の床が大きく傾いていることが判明した。試しにビー玉を置いてみるとものすごい勢いで転がり、大村も思わず「速っ!」「嘘でしょ……」とこぼしてしまう。不動産鑑定士が「新築でこんな傾きをしている家ははじめて見ました」と語るレベルの欠陥に、もはや爆笑しながらショックを受ける大村。同じく欠陥住宅に住むダイノジ・大地洋輔(47)に「受け入れることが大事」「講演会の仕事来たよ」と励まされ、結局最後には“傾き隊”として謎の円陣を組んでいた。

コメント

1:匿名 2019年9月2日 15:02 | 返信

松居ちゃんは、みんなみたいに鈍臭い人間じゃないって事。目に付いた汚点はやり返させるそれは当たり前の事。今や日本の賃貸物件でもほとんどが欠陥住宅で特にヤバいのが臭い問題。換気しても臭うとか集合住宅によくある、漏れとか。下水漏れに気づこうとしない管理会社とか。
小さい家を購入した方がまだマシ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。