集団強姦された少女が斬首&バラバラで殺害される残虐事件連発中! 1日100件以上… 強姦大国インドの闇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

,

,

,

,

,

集団強姦された少女が斬首&バラバラで殺害される残虐事件連発中! 1日100件以上… 強姦大国インドの闇!の画像1
2人の被害少女のうち、一人の遺体が発見された茂み(地元メディアより)

 インド北西部のビハール州にある小さな村で8月8日、12歳と13歳の少女2人の遺体が発見された。2人はいとこ同士で、強姦されたあとに喉をかっ切られ、バラバラに切断された遺体はヒモで結ばれていたという。

 少女たちは夕食の食材を探して外を歩いていたところを、襲われたようだ。

「その夜、娘たちが帰ってこなかったため、私たちは一晩中必死に探し、遺体を見つけたんです。体のあちこちに切り傷があり、下半身にもありました。娘たちは虐待されて強姦されたのちに殺されたのです」と、少女の一人の両親は涙ながらに地元メディアに語った。

 数日後、2人の男が強姦と殺人の容疑で警察に逮捕され、残る一人の容疑者は逃走中だという。

 このわずか1週間前にも、ビハール州の南にあるジャールカンド州の鉄道駅で、3歳の少女が誘拐され、集団強姦された上に首を切られて殺害されるという事件が起こったばかり(参照記事)。

 6月にはアンドラプラデシュ州で16歳の少女が5日間にわたり監禁、6人の男と少年に強姦された。駅で発見・保護された時には、少女はショック状態だったという。

 大人の女性だけではなく、幼い子どもに対しても集団強姦事件が頻発しているインド。わかっているだけでも1日に100件を超える性的暴行事件が起こっており、年間にすると4万件にも上る。しかも、これは氷山の一角で、実際にはさらに多くの性的暴行事件が起こっていることは間違いない。

 インドの一部の男性が持つ、女性に対する歪んだ優越感がこのような事件を引き起こしているといわれているが、13億人を超える人口を抱える国だけに、人々の意識を変えていくことは、難題といえるだろう。

文=瀬名爺

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?