TBS“朝の顔”立川志らくとの仕事が嫌で辞退者続出!? スタッフが番組を不安視する理由とは!?

TBS朝の顔立川志らくとの仕事が嫌で辞退者続出!? スタッフが番組を不安視する理由とは!?の画像1
志らくの言いたい放題 (PHP文庫)

 TBSは朝の情報番組「ビビット」に代わり9月30日から「グッとラック!」を放送、司会は立川志らく国山ハセンアナが務める 。ただ、番組スタッフの中には、この仕事を辞退する者が続出して いるというのだ。

「情報番組の新番組ってだいたい半分以上はスタッフが前身番組から移ることが多いんですが、今回は減ると思います。正直、やりたくないという人が結構いて、自分も依頼を断りました」

 こう話すのは「ビビット」の下請け制作スタッフだ。TOKIOの国分太一、真矢ミキが司会を務めてきた同番組は低視聴率から長く「打ち切りが近い」と囁かれてきたが、それでも続けてきたのは「スタッフにとっては国分さん、真矢さんは仕事がしやすかったのもある」という。

「特に国分さんはスタッフにもあたりが柔らかく、社会ニュースもよく勉強していました。情報番組は生で予定変更が多いんですが、 そこもこなせていました。欲を言えばもっと突っ込んだコメントが欲しかったですが、アイドルなので、それは仕方ないです。真矢さんは一流女優なので、きれいに映るよう照明やカメラを意識はしないといけないんですが、 国分さんのソフトな空気に馴染んでギスギスしなかったですね」

 しかし、新番組の方は、志らくの人選に「不安がある」とディレクター。

「直接仕事したわけではないですが、他から話を聞いた限りでは 、不満をスタッフにぶつけやすいとか、資料を多めに用意しなきゃいけないらしいので、やりにくそう。たとえば20代の若者の間で 流行ってるモノとか、詳しいかどうかで事前フォローの差が出てくるんですよ。志らくさんは国分さんよりその辺、 疎いという話ですし」

 ディレクターによると、こうした新番組の立ち上げは「進行台本を作っても、出演者にその役割を慣れさせる作業が大変で、フォローが多いほど仕事が増えるため、いろいろと現場トラブルが起きやすくなる」という。

「番組司会に慣れてるタレントでもないですから、そこも考えると今回、自分はパスします」

 志らくは立川談志に入門し、95年に真打昇進した落語家だが、16年10月から出演している同じTBSの情報番組「ひるおび!」のコメンテーターで知名度を上げた。その発言で炎上することもあり、17年には石原慎太郎元東京都知事が脳梗塞の後遺症で「すべての字、ひらがなさえ忘れた」と言ったことを、「作家がひらがなを忘れて」と茶化した場面があったことから、「病人を嘲笑した」との批判が巻き起こった。このとき志らくは「ショックだった」と弁明したが、以前のツイッターでは「落語家は遊芸稼ぎ人であり遊び人。だからツイッターでもいい加減な事を言うし権力を茶化す 」と書いていた。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ