本当に殺される!? 津田大介の「殺すリスト」に本気で怯える関係者「沖縄の活動家が…」

本当に殺される!? 津田大介の「殺すリスト」に本気で怯える関係者「沖縄の活動家が…」の画像1
画像は「censorship social」より引用

「あいちトリエンナーレ2019」の中の企画展「表現の不自由展・その後」の中止騒動については、いろいろ語られました。主な論点は、5つほどにまとめられるでしょう。

 昭和天皇の肖像写真を燃やすなどの作品があったことに市民の抗議 が殺到し、わずか3日で公開が中止となった愛知県の芸術イベント「あいちトリエンナーレ」の「表現の不自由展」を巡っては、本来の「表現の自由」をどこまで許容するかという論点は置き去りになって、感情論による争いが激化している。

 吉村洋文・大阪府知事でさえも「知事として不適格。責任を取るべきだ」と責任論で批判し、これに大村秀章・愛知県知事が「はっきり言って哀れだ」と、ただの悪口でやり返していた。この相手を罵倒するだけの様相には「身の危険を感じる」と言う人までいる。

「イベント批判したら、殺すとまで言われてしまったんですから… 」

 こう話すのは、イベント開催前からツイッターなどで、イベントの芸術監督であるジャーナリストの津田大介氏を批判してきたイベント関係者だ。

「批判は当然です。津田さんはジャーナリストというより活動家。事実を取材して記事を書くのが仕事のはずなのに、やってることは反日的な言動をして支持者からイベントに起用されたりしてる 人。そんな極端に思想の偏った人がなぜ、芸術イベントの監督にな っているのか意味が分からず、乗っ取られたという関係者は少なくないです。僕はそういう意見をツイッターに書いていたら、殺害予告リストとやらに入れられたらしく、津田の取り巻きから『おまえリストに載ってるから気をつけろよ』なんて言われたんです」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ