故・プリンスが「ケムトレイルと新世界秩序」を熱弁する激ヤバ映像が発掘される! やはりイルミナティに殺されたか!?

 米国の伝説的ミュージシャンであり、2016年に57歳の若さで急死したプリンス。その死についてネット上では不気味な噂がささやかれている。彼はイルミナティの逆鱗に触れ、謀殺されたのだ、と。オルタナティブメディア「Collective Evolution」からご紹介する。

Video Of Prince Talking About Chemtrails & The New World Order (Collective Evolution)

故・プリンスが「ケムトレイルと新世界秩序」を熱弁する激ヤバ映像が発掘される! やはりイルミナティに殺されたか!?の画像1
画像は「Collective Evolution」より引用

■世界的スターの謎の死

 2016年4月21日、プリンスは米ミネソタ州にある自宅兼スタジオのペイズリー・パークで遺体となって発見された。事務所や地元当局から発表された死因は、「オピオイド系鎮痛薬フェンタニルの過剰投与による事故」というもので、「事件性はない」と結論づけられている。しかし、世界的大スターのあまりにも早すぎる突然の死に、その裏に“何か”があったのではないかという声は未だに大きい。

 そんな中、ネットの一部でささやかれているのが「イルミナティによる謀殺」である。というのも、プリンスは過去にテレビ番組のインタビューで、自身が幼い頃に目撃したケムトレイルについて語っていたからだ。

 ケムトレイルは一見ただの飛行機雲だが、その中に様々な化学物質などが含まれているというものだ。天候を操作しているという説もあれば、有害な物質を地上に撒き散らしてその地域のがんや感染症の発症率を上げているとも、田畑の性質を変えて遺伝子組換え作物を促進しているともいわれているが、その目的は不明な部分が多い(詳しくはこちらの記事)。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ