新井浩文が韓国の“同胞ルート”に泣きついた!? 芸能界のヤバすぎる在日コミュニティの実態を関係者暴露!

新井浩文が韓国の同胞ルートに泣きついた!? 芸能界のヤバすぎる在日コミュニティの実態を関係者暴露!の画像1画像は、anore公式ページより

 昨年7月に都内の自宅で、派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪で起訴された俳優新井浩文(本名 パク・キョンベ)被告の初公判が2日、東京地裁で開かれた。同被告は女性に謝罪の言葉を並べた上で「暴力は一切、やっていません。同意があったと思っています」と起訴内容を否認。この日は被害者女性が証人出廷し、別室にいる女性と映像と音声を通じて行うビデオリンク方式の証人質問が行われた。

 検察側によると、施術中に興奮した新井被告は女性の右手をつかんで強引に股間に押し付け、そのまま服を脱がせ、両手で頭をつかんで陰茎を口の近くに押し当て「舐めて」と要求。女性は必死に抵抗したが、強制的に性交させられたという。女性は行為の合意について「していません。自分から受け入れたことは1回もありません」と断言。帰り際に新井被告から「悪いことしたね」と5万円を渡されたという。

 新井被告は示談金1000万円を持ち掛け、公判直前には倍の2000万円を提示したが、女性側は拒否。「自分のことを物みたいに扱って、すごく悔しい。お金で何もかも解決できると思っているとすごく悔しかった。刑務所に入って反省してほしい」と強い口調で訴えた。

 一方の新井被告も無罪判決を得るために、なりふり構わぬ作戦に出るようだ。強制性交等罪は5年以上の有期懲役刑。万が一、そうなれは芸能界復帰の望みは完全に絶たれる。

「そこで頼ったのが、芸能界に存在する“同胞ルート”。つまり在日(韓国人)の人脈です」(関係者)

 かねてより新井被告は在日韓国人であることを公言。映画やドラマの撮影現場でマウンティングをとるために「俺、在日なんだけどさ」といきなりカマすこともあった(当サイト既報)。

 芸能界にはカミングアウトしていない者も含めて、大勢の在日韓国人がいる。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ