【閲覧注意】孤独な連続殺人鬼ハーヴェイ・グラットマンの被害者写真がヤバい! 窒息プレイにハマった変態と、殺される直前の美女たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※2頁目に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】孤独な連続殺人鬼ハーヴェイ・グラットマンの被害者写真がヤバい! 窒息プレイにハマった変態と、殺される直前の美女たちの画像1画像は、「Tribupedia」より

 ハーヴェイ・グラットマンは、1950年代にアメリカを恐怖のどん底に突き落としたシリアルキラーである。メディアでは「孤独な殺人鬼」「グラマーな少女を殺す者」として知られていた。彼は女性たちに「モデルを探している」と声をかけて誘い出しては、性的暴行を加えてその様子を写真撮影し、最後に絞殺した。一連の殺人事件の背景には、ハーヴェイの生い立ちが関係していると見られている。

 ハーヴェイは1927年、母オフィーリアとその夫アルバートとの間に生まれた。ハーヴェイは4歳のとき、すでにSMのような遊びに興じていた。オフィーリアの証言によると、ハーヴェイはペニスに紐を結びつけ、紐の端を引き出しで固定した後、紐に寄りかかっていたという。両親は息子の奇妙な行動を見て見ぬ振りをした。やがてハーヴェイは、紐ではなくロープを用いるようになり、どんどんロープに執着するようになった。

 1933年から学校に通い始めたハーヴェイは、行儀がよく、物静かで、優秀な生徒として振舞っていた。多くの科目で優秀な成績をおさめた。女子を怖がる傾向があり、友達の数は少なかった。変わった形の耳と出っ歯が嘲笑の対象とされ、「シマリス」「イタチ」と呼ばれてからかわれることもあった。彼は放課後、友達と遊ばずにすぐに帰宅し、オナニーをしていた。自らの首にロープを結び、ロープの端をパイプなどに巻きつけ、片方の手でロープを引っ張りながら、もう片方の手でペニスを刺激していたという。

 ハーヴェイは高校進学後、更なる刺激を求めて女性宅へ侵入するようになった。彼は被害者をロープでベッドや椅子に縛り付け、布で口を塞ぎ、服を剥ぎ取った。しかし、強姦するわけではなく、彼女の肉体を弄びながらオナニーするだけだった。1945年5月18日、彼は女性宅に侵入しようとしているところを警官に見つかって逮捕され、尋問で強盗について自白した。保釈中も女性に暴行を加えて再逮捕され、同年11月の裁判で懲役1年の判決を受けた。出所後も犯罪を繰り返したハーヴェイは、21歳のときに再び服役する。しかし、彼は模範囚だったため、懲役5年だったにもかかわらず僅か2年で仮釈放された。

【閲覧注意】孤独な連続殺人鬼ハーヴェイ・グラットマンの被害者写真がヤバい! 窒息プレイにハマった変態と、殺される直前の美女たちの画像2
画像は「Wikipedia」より引用

 1956年9月、完全に自由の身となったハーヴェイは、翌年1月にロサンゼルスへと発った。そして同年8月1日、最初の殺人を実行した。彼は雑誌カメラマンの「ジョニー・グリン」に成りすまし、モデルのジュディ・アン・ダル(19)に「表紙の仕事をしてみないか?」と声をかけて自分のアパートへ誘い込んだ。言葉巧みに彼女を説得し、手足を縛ったり猿轡を噛ませたりすることの同意を得てボンデージ写真を撮影した後、彼女を2回強姦した。逮捕を恐れたハーヴェイは彼女を車に乗せて砂漠へ行き、そこでも写真撮影を行い、最後に絞殺して遺体を砂の中へ埋めた。ハーヴェイが写真撮影に拘ったのは、米国出身のモデル、ベティ・ペイジのボンデージ写真に影響されたからだとされる。

 ハーヴェイは、1958年3月8日にシャーリー・ブリッジフォードを、7月23日にルース・リタ・メルカードを殺害した。10月27日、モデル事務所の紹介でロレイン・ヴィジルと出会ったハーヴェイは、彼女をいつも通り砂漠へ連れて行こうとした。事務所からハーヴェイに注意するよう警告されていたロレインは、彼が自分に危害を加えようとしているのではないかと身構えていた。そのため、2人は車内で口論となり、ハーヴェイがロレインに銃を突きつけたが、ロレインは彼に掴みかかって応戦した。銃弾が太ももをかすったにもかかわらずロレインは怯まず、銃を奪い取って車から脱出した。そこに偶然パトロール中の警察が通りかかり、ハーヴェイは身柄を拘束された。

 犠牲者たちの遺体が発見されたことから、11月3日にハーヴェイは正式に逮捕された。第一級殺人罪で死刑を宣告された彼は1959年9月18日、ガス室で刑が執行された。シアン化物を吸引させられた彼が息絶えるまで12分かかったという。

 ハーヴェイのアパートからは多数のボンデージ写真が押収された。そのうちの何枚かがオンライン歴史マガジン「Tribupedia」で公開されている。AVの人気ジャンル「緊縛」をテーマにした写真と見まがうが、写真の女性たちは撮影後無惨にも殺されたのだ。ハーヴェイの性欲を満たすために命を奪われた彼女たちの姿からは悲哀が滲み出ている。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

コメント

2:匿名 2019年9月8日 23:45 | 返信

>> 1

紐に寄りかかることでペニスを引っ張り快感を得るタイプの変態なんじゃない?
セルフSM。

1:匿名 2019年9月8日 07:21 | 返信

ハーヴェイはペニスに紐を結びつけ、紐の端を引き出しで固定した後、紐に寄りかかっていた


状況が見えてこない。何がしたかった?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?