【閲覧注意】“空飛ぶ国旗”にしがみついたまま軍人が墜落死する瞬間! 「花祭り」で起きたヤバすぎる事故=コロンビア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

【閲覧注意】空飛ぶ国旗にしがみついたまま軍人が墜落死する瞬間! 「花祭り」で起きたヤバすぎる事故=コロンビアの画像1画像は、「BestGore」より

 コロンビアの都市メデジンでは、毎年8月に「花祭り」が開催される。花祭りはメデジンで最も重要なイベントに位置付けられており、ページェントやパレード、コンサートなどが行われる。しかし、先月11日に開催された花祭りの閉幕パレードで悲劇的な事故が発生してしまった。その決定的瞬間をとらえた映像が海外の過激ニュースサイト「BestGore」などで公開されている。

 動画に映っているのは、上空を飛ぶコロンビア軍のヘリコプターと、その下にぶら下がった国旗である。国旗には2人の兵士がしがみついている様子が確認できる。そして、ヘリコプターの進行方向とは逆向きに何かが飛んできた次の瞬間、機体と旗をつないでいたロープが切れてしまった。旗とともに2人は落下していく。画面が切り替わって、地上で2人の遺体を回収するシーンが映し出される。草むらの中には、地面に叩きつけられた2人の無残な姿があるのだろう。

 今回の事故で命を落としたのは、副技術長官のヘスス・モスケラ・ロペスさんと技術者のセバスチャン・ガンボア・リウルテさん。事故原因は不明で、空軍のスポークスマンは、「この痛ましい事故の原因は、当局によって現在も調査中です」と述べるにとどまった。事故はオラヤ・ヘレラ空港の近くで起こったため、空港は一時的に閉鎖された。ロープが切れる直前に映像に移り込んだ飛来物が何なのかも確認されておらず、事故との関連も明らかになっていない。

 メデジン市長は「空軍メンバーの2人が命を落とした事故は大変遺憾です」とツイッターに投稿した。ギレルモ・ボテロ国防相は、「メデジンでの事故の原因が完全に明らかになるまで、今回のような空中演習を中止するよう軍司令官に指示しました」と述べた。

 事故を目撃した人々の中からは、「悲しいです。私にはこのようなスタントの必要性が理解できません」「あのようなスタントが好きではありませんでした。全く価値のないことです」など、閉幕パレードの在り方自体に批判的な意見も出ている。これまで祭りを盛り上げてきたパフォーマンスも、死者が出た以上見直されることになるかもしれない。

 事故の原因が解明され、同様の事故が二度と起きないことを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

5:匿名 2019年9月9日 08:06 | 返信

やらせ疑惑

4:匿名 2019年9月9日 04:40 | 返信

確かに、、
飛行物体が横切る前にロープが切れている

3:匿名 2019年9月9日 02:32 | 返信

メデジンが途中からメデリンになってるし。バカなの?⇒(文=標葉実則)

2:匿名 2019年9月8日 21:12 | 返信

>> 1

同意

1:匿名 2019年9月8日 20:15 | 返信

鳥が横切っただけだし、その前に切れてる

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?