欧米白人エリート小児性愛サークルの被害女性、加害者の実名を暴露! 元首相やニコール・キッドマンの父らが…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 児童買春容疑で起訴され拘留中だった米富豪エプスタインの謎の自殺以来、あちこちで噂が流れる「欧米エリート小児愛者の秘密サークル」。さて今回、その「欧米エリート小児愛者の秘密サークル」の生存者と言われるフィオナ・バーネットが、それに関与していたという著名人の名をメディアに暴露した。

 

■フィオナ・バーネットとは?

欧米白人エリート小児性愛サークルの被害女性、加害者の実名を暴露! 元首相やニコール・キッドマンの父らが…!の画像1
フィオナの記憶に沿って描かれた絵:元米国大統領のニクソンもフィオナの告発に登場している 「Collective Evolution」の記事より

 フィオナは、1969年10月28日、オーストラリアのシドニーで生まれた。彼女の祖母がナチカルト信者であったため、彼女は幼い頃から悪魔的カルト集団のメンバーから虐待を受け、その後、両親によってカルトのエリート仲間に性的奴隷として売られたと話す。

 フィオナは「私の子ども時代を通して、私はオーストラリアのエリート児童セックス人身売買サークルの犠牲者でした」と語る。

 そして、彼女の言及した名前は衝撃的だ。オーストラリア前首相3人(ゴフ・ホイットラム、ボブ・ホーク、ポール・キーティング)、そしてあのハリウッドの有名な人気女優、ニコール・キッドマンの父、アンソニー・キッドマンもそのサークルにいて、その秘密サークルは現在でも活動中だという。

 フィオナによると、彼女の性的で悪魔的な「MKウルトラ計画」(CIAが極秘に実施していた洗脳実験。ここでは比喩として用いられている)のマインドコントロールは物心がついてから始まり、16歳になるまで続いた。

欧米白人エリート小児性愛サークルの被害女性、加害者の実名を暴露! 元首相やニコール・キッドマンの父らが…!の画像2
ニコール・キッドマンと亡くなった父アンソニー 「Independent Australia」の記事より

 フィオナ・バーネットは児童人身売買の秘密サークルについて、多くのメディアの前でこう語った。

 彼女はそれを「緊密に組織されたマフィアスタイルの犯罪シンジケートで、議会、司法、教会派、法執行機関、軍隊、小児保護施設、病院、教育施設、保育所など、オーストラリア社会のあらゆる側面に浸透している」と話す。

 そして、このネットワークには麻薬、武器、児童の人身売買などのさまざまな違法行為から利益を得る多数の支部に分かれ、数千人のメンバーがいるという。そして彼女は、その秘密サークルに誘拐され、後に殺されることになる多数の子どもたちと会っている。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。