【閲覧注意】ビル屋上で裸の美女が”謎の儀式”後、飛び降り自殺する決定的瞬間! 地位も名誉も美貌ももつ人物だったが… =ブラジル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

画像は、「Kaotic.com」より

 今月3日に撮影されたショッキングな飛び降り自殺動画が話題となっている。海外の超過激動画共有サイト「Kaotic.com」などで公開されているその動画を紹介しよう。

 半裸の女性がビルの屋上に立っている。露出した肌にはタトゥーが見られる。彼女は茶色の物体を頭上に掲げながら、何かを訴える。まるで“儀式”を執り行っているかのような光景である。彼女は上半身にまとっていた衣服を脱いだ。女性器を隠している以外は全裸である。その姿で屋上を歩き回った後、身を投げてしまった。彼女の体が建物の屋根に激突する音が鳴り響いた。

 ブラジル誌「Para Web News」によると、動画に映っている女性はファッションデザイナーで起業家でもあるグラジエリ・マルティネリさん(29)だという。彼女は、アマゾンの先住民族に関する問題などに取り組んでいたことでも知られている。そんな彼女が立っていた場所は、ブラジル・バイーア州の都市ナザレにある高層ビルの12階だった。自殺の原因はうつ病と見られている。彼女はInstagramで人生の空虚感を嘆きつつも、うつ病を克服するために戦いたいという願望についても書き込んでいた。

 グラジエリさんが“儀式”を執り行っている間、消防隊が彼女を救出しようとしていた。彼らは彼女の身体を拘束するつもりだったという。現場に到着した親戚にグラジエリさんが気を取られているうちに、隊員が彼女を取り押さえる作戦だった。しかし、隊員の存在に気づいた彼女が飛び降りたため、作戦は失敗に終わった。屋根に激突した彼女は死亡した。

 グラジエリさんのように、うつ病が原因で自殺する人々は少なくない。日本の厚生労働省は、自殺既遂者に対する調査を行い、うつ病が自殺の要因として特に重要であることを認めた上で、自殺対策の中核にうつ病対策を据えている。具体的には、2010年に「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」を立ち上げ、うつ病に関する一般への普及啓発やうつ病の早期発見を推進すると同時に、うつ病の治療法に関する研究を積極的に支援してきた。このような国家主導のうつ病対策が世界各国で実施され、うつ病が原因の自殺が減少することを願いたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年9月10日 21:34 | 返信

地面にこびりついた汚れを落とすのが大変だな

3:匿名 2019年9月9日 22:24 | 返信

残念なおっぱいだった

2:匿名 2019年9月9日 21:39 | 返信

その2は行った先で読み込みクルクル回るだけで
見れないんですけど

1:匿名 2019年9月9日 21:39 | 返信

ガシャーンいうてるな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?