錦戸亮「関ジャニ内で仲間ハズレ&孤立」が退所理由!? 醜すぎる“激ヤバ”スキャンダル後日公開か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0


関ジャニ∞」の錦戸亮が9月末日をもってジャニーズ事務所を退所する。8人組でスタートした関ジャニのメンバー脱退は2006年の内博貴、昨年の渋谷すばる以来、3人目。錦戸は会員サイトで「21年間お世話になったジャニーズ事務所を退所させて頂く運びとなりました。僕なりの形で、僕なりのエンターテイメントとは何なのかを、改めて考え、これからも発信し、恩返しできるよう努めていきたいと思います」と報告した。

 横山裕、村上信五、丸山隆平、大倉忠義、安田章大も連名でコメントを発表し「出会いから含めると約20年。もう好きや嫌いなんて感情を超えたメンバーです」とした上で「どうか1人でやっていく覚悟、送り出す事を決めた5人のメンバーの決断をどうにか分かっていただける日が来るように、全員がこれからの活動で示さなければと思っています」と呼び掛けた。

「昨年4月に渋谷が脱退した際、1人だけ解散を主張していたのが錦戸。そのころから他メンバーとは距離ができていた。錦戸は『メーンボーカルの渋谷がいなければ関ジャニではない』と訴えていたが、実際はその時点で錦戸も将来的な脱退を心に決めていた。自分が抜けて『事実上の解散』となったら叩かれる。それが嫌で渋谷の時点で解散させようと考えたそうです」(スポーツ紙記者)

 錦戸の浅はかな考えは、メンバーもお見通し。音楽関係者によると「関ジャニの楽屋はいつもお通夜状態。メンバー間ではしゃいでいるのを見たことがありません。なかでも錦戸さんは自分だけの空間を作っていて、誰も話しかけられない。明らかに浮いていました」という。

関連キーワード

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。