【小室圭さん】「天皇を超越した存在を信仰」“大山ねずの命”を崇拝する母が最終形態に突入! 宮内庁も警戒中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
秋篠宮殿下、不憫な悲壮会見の舞台裏…紀子さま混乱の本当の理由とは? 小室圭さん問題が悠仁さまに負荷を…の画像1
サンデー毎日増刊 おめでとう眞子さま 小室圭さんとご結婚へ』(毎日新聞出版)

 

「長女の気持ちを推測するなどして現状や今後についてお伝えすることは、控えたいと思います」

  そう述べられたのは皇嗣妃の紀子さまだ。11日に53歳の誕生日を迎えられた紀子さまは記者団の質問に文書で回答。泥沼化する長女の眞子さまと小室圭さんの結婚問題について、上記のように語られた。

  2人の婚約が暗礁に乗り上げたことで、親子関係にもヒビが入り、会話もままならないことは当サイトでも再三伝えてきた。皇室担当記者は「文書で紀子さまは『眞子』ではなく『長女』という呼称を使っていた。ほかの質問項目には目いっぱい答えているのに、結婚問題に関しては言葉少な。まだ親子の雪解けには至っていないのでしょう」と話す。

 ことの発端は小室さんの実母・佳代さんの400万円借金トラブル。このほど元婚約者の代理人と佳代さん側の代理人が協議を行ったが、返済を求める婚約者に対し、佳代さんは「返す気はない」と拒否。双方の主張は平行線をたどっており、次回協議のメドは立っていない。宮内庁は秋篠宮殿下の意を汲み、米国留学中の小室さんに破局を切り出すよう画策しているというが、当の小室さんが聞く耳を持たないとされる。そんななか、宮内庁では今年に入って全く姿を見せていない佳代さんの現状を危惧している。

 11日発売の「週刊新潮」(新潮社)は、かねてウワサされてきた小室家の宗教問題をクローズアップ。佳代さんの母である角田八十子さん(故人)は持病のリウマチがひどく、新興宗教の「大山ねずの命神示教会」を頼り、そのまま信者になった。同誌ではなんと、八十子さんだけでなく佳代さんも教団に帰依していると指摘。「佳代」の名前は教団が付けたもので、息子の「圭」も、佳代さんの名前から来ているという。

「同教団が崇拝する『供姫丸』は神の直使とされ、『宇宙を支配する最高神である大山ねずの命(おおやまねずのみこと)が人の姿を借りた存在で、天皇をはるかに超越している』という扱いです。この思想を佳代さんが受け継いでいるのならば、非常に怖い。大山ねず命を天皇の上位に置くことになるわけですから」(週刊誌記者)

コメント

9:@TedaWakou 2019年9月14日 03:01 | 返信

『美智子様の威光』か『江ノ島と笹川良一』で調べれば実態がすぐに分かりますよ。
紀子様と美智子様が組んだ恋愛シナリオには統一教会を味方に付ける目的もあります。
美智子様がスピリチュアル的な行動をよくされる事からも垣間見えます。

8:匿名 2019年9月13日 22:04 | 返信

個別に話をして言いくるめようとしても無理だろうね

7:匿名 2019年9月13日 21:08 | 返信

大山ねずの神示教会をネットで調べてみたら
頭が固そうな教え、の部分があった。
小室圭さんには周囲の意見は届かない、誰が何を言っても聞き流されてしまうと思う。
この先どうなるだろうか?

6:匿名 2019年9月13日 20:37 | 返信

当人たちを置いてけぼりにして話を進め過ぎなんじゃないかな、弱いところに責任を押し付けてないでトータル的にwin_winになるようにケリつけないと信頼関係なくなるだろ

5:匿名 2019年9月13日 18:37 | 返信

>> 3

その皇室も金を湯水の如くつかい鯰追いかけるくらいしか能はないだろ
噂はあったが女の尻でなかっただけ良かったと思うしか
その精力のおかげで子宝には恵まれたがな
長男家の面々は哀れな筵よの

4:匿名 2019年9月13日 17:04 | 返信

なんで事前に興信所で調べないのよ。
これ親の責任でもあるからね。

3:M国党 2019年9月13日 16:06 | 返信

皇室は常に利用される。真の意味で天皇が政治をしたやは後醍醐帝や古代の一時期だけ。あとはショーグンだのバクフーだのサッチョーテロ組織だの実権は連中にあって皇室の権威を支える名目で好き勝手シホーダイ。歴代日本の権力者の無能、無責任ぶりは最後は皇室に尻拭いをさせようとする遺伝子レベルにまで発達したんじゃないかと思えるほど他人任せ思考がある。

2:匿名 2019年9月13日 09:41 | 返信

もう必要のない人たち。オワコンという言葉そのもの。
皇室は一般人に帰化されることを願う。
ちなみに私は皇室の人間でもなければ反皇室の人間でもない。念のため。

1:匿名 2019年9月13日 09:33 | 返信

皇室を破壊したい工作員が宮内庁に潜伏してると考えた方が理解できる。
 
流れをみてると宮内庁も小室側に居て反皇室活動をしているとしか思えない。
 
もしかすると小室を破壊活動の主役として抜擢したのは宮内庁なのではないか?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。